福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

いわき市が実施する、市の地域イントラネット光ケーブル切替工事に伴い石住中継局の放送エリアで、平成29年5月1日(月)11:30~12:30の間、放送をお休みさせていただきます。

 

アーカイブ

『みみたす』こぼればなし

2012.09.18 
「渡戸の獅子舞」が執り行われました!

平成24年9月15日(土)~17日(祝)、

『渡戸の獅子舞』が行われるというので、

朝の7時から駆けつけました!

この舞は400年の歴史を持つとも云われ、

県の重要無形民俗文化財に指定されてるとか。

楽しみです・・・。

三匹の獅子は、地区の13~15歳位の男子が担当するのが慣例。

今年は8月19日から、24日間の稽古を重ねてきたと聞きました。

炎天下の中、一日で9か所も廻るというハードな行程でしたが、

3名の子どもたちは弱音を吐くこともなく、

装束を汗でびっしょりにしながら懸命に舞い続けていました。


13a5854da8c

13a58550ec5

13a585580e9

13a5855a749

13a5855e875

13a5858a476

13a5858eb24

13a58591534

13a585944d9

13a58599dc0

13a5859ce65


紋付袴姿の師匠のみなさんは、

舞手の汗を拭き、うちわで扇ぎ、足元の石を拾ってあげるなど、

常に目を離さず支えてらっしゃって、

その細やかな思いやりがとても印象に残りました。

「好きだからやってるんじゃない。

あるからやるんです。続けてるんです。

そうすると誰かが喜んでくれる。それが嬉しいんです。」

と世話人代表の中島喜一さん。

24日にも及ぶ稽古期間、毎晩皆が集まるのは、

サラリーマンが多い現在、なかなか難しいとのこと。しかし、

「稽古の合間のお茶の時間、

お茶番の女性が出してくれるスイカや手作りのお菓子などを食べながら、

みんなとワイワイ話に花を咲かせるのが、なんとも楽しみなんですよ。」

と笑顔で話してくれました。(kozi)