福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

FMいわきでは、ADアルバイトを募集しています。まずは、お電話でお問い合わせください。TEL  0246-25-0763 <9:30-18:00>

番組情報

音楽会の夕べ

2017.03.23 by 永井貴子
平成28年度 あざみ野幼稚園・保育園 童謡コンサート

DSC_0623

今夜は、1月21日(土)に、あざみ野幼稚園・保育園で行われました
『平成28年度 あざみ野幼稚園・保育園 童謡コンサート』のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、
あざみ野幼稚園・保育園主任の梶川裕子先生、
園でおうたの教室とピアノ指導をされている声楽家の渡辺裕美子先生 でした。

あざみ野幼稚園・保育園で毎年行われている童謡コンサート。
園のホールにグランドピアノが備えられていることから、
『気軽に聞ける、だけど本格的なコンサート』として楽しみにされている方も多いようです。
今回も、園児やその保護者をはじめ、卒園生やご近所の方、
また、隣にある介護サービスセンターからも、
利用者のおじいちゃんおばあちゃんが集まってくださいました。

今回のテーマは、『春夏秋冬』。
春の『さくらさくら』から始まり、夏の『アイスクリームの歌』、
秋の『小さい秋見つけた』『すず虫のうた』、冬の『あわてん坊のサンタクロース』などなど、
子どもたちが大好きな、季節ごとの童謡など、11曲(含アンコール)を歌いました。

『あめふりくまのこ』では、裕美子先生が歌っているそばで、
園の先生が黒板に、歌詞に出てくるくまさんの絵を描きました。
子どもたちは、耳で裕美子先生のおうたを聞きながら、
だんだんに出来上がるくまさんに興味津々だったよう。

また、裕美子先生の伴奏を務めた林 久見先生のピアノ演奏、
『アラベスク』(ドビュッシー)、『ノクターン』(ショパン)も、
子どもたちは興味深げに、真剣に聞いていたそうです。

コンサートは30分ほどの時間。
大人にはあっという間ですが、子どもたち、
特に年少さんがじっと座って聞いているにはなかなか大変な長さです。
そこで、園の先生方による手あそびも行われました。
大好きなおうたに合わせて、田や体を動かしたり、一緒に歌ったり。
様々な感覚が刺激されるコンサートですよね。

ところで、『さくらさくら』の2番の歌詞、知ってますか?
『あわてん坊のサンタクロース』、5番まであるって知ってましたか?
「雪やこんこ あられやこんこ」で始まる『雪』、
「雪やこんこん」ではなく「こんこ」で、「来い=雪よ降れ」という意味ってことは?

裕美子先生は、ことばをとても大切にしていて、
おうたの教室でも、最初はお話=歌詞の内容から教えているそうです。
「童謡って思う以上に奥が深くて、
大人も知らなかったり、間違えて覚えていたりするものもあるんです。
正しい歌詞、ことばの意味を知ると、子どもたちは『そうかぁ!』とちゃんと納得する。
ことばって大事なんですよね。」

あざみ野幼稚園・保育園では先週、卒園式が行われました。
このコンサートを聞いていた年長さん13名が卒園し、来月には新1年生!
式では一人ひとり、お父さんお母さんへの感謝の言葉を伝え、小さな花束を渡したそうで、
「入園してきた時にはまだまだ小っちゃかった子どもたちが、
ご両親に『ありがとう』を言えるようになるなんて、あぁ成長したな~、と。
思い出しただけでも涙が出ちゃいます。」と裕子先生。

この童謡コンサートも、子どもたちの成長の糧になっているんでしょうね。
卒園したみんな、おめでとう~!

 

3月30日の「音楽会の夕べ」は、
1月14日(土)に、いわきアリオス大ホールで行われました
『福島県立平商業高等学校吹奏楽部 第30回定期演奏会』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00
23:00-24:00(再放送)

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子と黒金久恵が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら