福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

FMいわきでは、ADアルバイトを募集しています。まずは、お電話でお問い合わせください。TEL  0246-25-0763 <9:30-18:00>

番組情報

音楽会の夕べ

2016.05.19 by 永井貴子
津山博子ピアノリサイタル~Fantasie~

DSC_0009_350m

今夜は、4月24日(日)に、いわきアリオス音楽小ホールで行われました
『津山博子ピアノリサイタル~Fantasie~』のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、津山博子さん でした。

様々なコンサート、演奏会でご活躍の津山先生ですが、
こうして、ご自身のリサイタルで番組にご出演いただくのは、久しぶり?と思ったら、
「前回のリサイタルは2011年3月11日だったので、5年ぶりですね。」
久しぶりのことに、
「ステージに上がる前の舞台袖で、孤独をかみしめました・・・。」とのことですが、
5年ぶりのリサイタルは満席!
待っていてくださったお客様も多かった、ということですね。

今回のテーマは、『ファンタジー」。
「ファンタジー=幻想」と題する曲を中心に、
前半は、モーツァルト『幻想曲 ニ短調 KV397』、
ハイドン『ファンタジー ハ長調 Hob.XVIII:4』、
ベートーヴェン『ピアノソナタ第14番「月光」Op.27-2』、
後半は、ショパンの曲、
『幻想曲 Op.49 ヘ短調』、『即興曲第3番 Op.51 変ト長調』、
『幻想即興曲 Op.66 嬰ハ短調』、『幻想ポロネーズ Op.61 変イ長調』
をお届けしました。

国内外で活躍し、津山先生も敬愛する須田眞美子先生が、
(須田先生には、「ニース国際音楽アカデミーオープニングコンサート」で、
3月17日にご出演いただきました。とってもステキな方でした~♪)
「音楽家として、演奏家として、最も大切なものはなんでしょう?」
と、共演する海外の演奏家などに問いかけることがあるそうです。
その際、皆さんが口をそろえておっしゃるのが、
「”ファンタジーの力”でしょう。」

では、ファンタジーとは何か?
いろいろな見方がある中で、
「型や形式にとらわれず、一歩を踏み出す」という考え方があるのではないか。
人は、頭の中でカベを作り、そのカベの中、枠の中にはまっている。
枠にはまることには安心感や安定感があり、そこから出るには不安や恐怖がつきまとう。
でも、枠の中にいるだけでは、停滞してしまう。

一歩外に出たら、そこに何があるのだろう?
一歩踏み出して、外を求めてみよう。新しいものを求めてみよう。

津山先生は、こんなふうに考えました。
「作曲家が『ファンタジー(幻想)』と名の付く曲を作った時、
これまでの枠にとらわれず、新しいものを生み出そうとしたのかな、と思います。」とも。

あぁ~~~、なんか分かります~~~(ToT)
津山先生は、毎日毎日同じ朝食メニューを何十年も続けていて、
このことを、 「なんてファンタジーのない生活なんだろう・・・。」とおっしゃってましたが、
これって、軸がブレていない、ととらえることもできると私は思っていて、
これはこれで良いことだと思うんです。
一方、自分で自分のカベを作って、その安心感に浸っている、というのも分かるんです~。
カベを壊して外に出るって、不安だし怖いし、勇気が要りますよね~。
一歩踏み出せば、今までとは違う景色が見られる、って分かってるのに・・・。
あぁ~~~、分かります~~~。
今日、津山先生にお会いできてよかったです~(≧◇≦)
(あれ?何か、違う話になってる??(笑))

今回のリサイタルは、熊本地震の曲後だったこともあり、
アンコールでは急きょ、用意していたショパンのワルツではなく、
『花は咲く』を演奏しました。
ご存じのとおり、『花は咲く』は、東日本大震災の復興応援ソング。
5年前、この曲から私たちが力をもらい、励まされたように、
熊本はじめ九州の皆さんにもその思いを届けたい、と思ったそうです。
お客様もその思いを受け止め、歌を口ずさむ方もいらしたようです。
また、会場には募金箱を設置し、お客様に募金を呼びかけました。
寄せられた義援金は、日本赤十字社を通じて被災地へ送られた、とのことです。

『ファンタジー』と題したリサイタルで、また新たな一歩を踏み出した津山先生。
これまで以上に輝いていて、ステキでした~♪

津山先生、これからも歩みを止めず進んでいきますよ~。
「いわき室内合奏団 第2回演奏会」
7月2日(土)18:00~ いわきアリオス音楽小ホール
「いわき出身ヴァイオリニスト常光今日子が贈るヴァイオリン名曲コンサート」
9月18日(日)13:00~ いわきアリオス音楽小ホール

室内合奏団では、チェンバロを演奏します。
チェンバロも、津山先生にとって新たな挑戦のひとつでもあります。
ここにも、新たな一歩の足跡が(^^)

 

5月26日の「音楽会の夕べ」は、
5月4日(水)に、いわきアリオス大ホールで行われました
『福島県立磐城高等学校吹奏楽部 第27回定期演奏会』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00
23:00-24:00(再放送)

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子と黒金久恵が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら