福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

FMいわきでは、ADアルバイトを募集しています。まずは、お電話でお問い合わせください。TEL  0246-25-0763 <9:30-18:00>

番組情報

音楽会の夕べ

2016.06.11 by 永井貴子
石河清 88才のファイナル・コンサート

DSC_0236_350m

今夜は、5月7日(土)に、いわき市文化センター大ホールで行われました
『石河清 88才のファイナル・コンサート』のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、コンサート実行委員会より、
委員長の中野千代子さん、副実行委員長の和田美津代さん、
総務の酒井より子さん、出納の星 貞子さん でした。

 

このコンサート、私も会場で聞かせていただきました。
笑いあり涙あり、皆で参加する歌や手遊びもあって、
清先生のお人柄がそのまま出たような、あったかい雰囲気に包まれ、
出演者も、私たち観客も、ひとつになれたようなコンサートでした。
最後の最後に、一緒に歌いましょう!と『ふるさと』をもってくるあたり、
さすが清先生!という感じで、会場全体が涙・ナミダ、でしたね~。
また、終了後に会場を出たところで、中野さんや星さんにお会いして、
手を取り合って、号泣したんですよね~(笑)
ホント、良いコンサートでした。

 

さて、清先生に縁のある方々が数多く出演したコンサートは、
当初の予定をこえて、3時間半に及びました。
清先生は、指揮は勿論、お客様に曲の解説をしたり、思いを語りかけたりと、
合唱への情熱と、時にユーモアのある言葉で、会場を盛り上げてくださいました。

清先生は、1928年(昭和3年)、いわき市常磐湯本町生まれ、
県立磐城中学校、国立音楽大学教育音楽科卒業。
卒業と同時に福島県に戻り、県立高校教諭、大学の教授などを歴任、
また、県合唱連盟理事長、全日本合唱連盟東北支部長を務め、
福島県合唱連盟名誉理事長でもあります。

いわき民報社賞、地域文化功労賞、福島県文化功労賞、いわき市教育文化功労賞受賞。
数々の合唱団の創設、指揮、指導に携わり、
ラ・ヴィアン・クールを、通算7度の全日本おかあさんコーラス大会に導いています。
合唱曲や学校の校歌なども数多く作曲しており、
全日本合唱コンクール課題曲(男声合唱)も3曲作られています。

コンサートの中でも、清先生の曲が多く歌われました。
金子みすゞの詩に清先生が曲を付けた『金子みすゞの童謡による6つの女声合唱曲より』、
いわきの詩人・三野混沌の詩による『合唱組曲“阿武隈の雲”より』、
いわきの風景を題材に作詞作曲した、
『さあ!水石山がおき出した』、『千年の美 あゝ白水阿弥陀堂』、
プログラム最後の曲、このコンサートのために創作した
混声合唱曲『“そして今、未来はなに?”』。

このうち、『水石山』と『白水阿弥陀堂』は、昨年作られた、まだ新しい曲です。
何と、入院中の病室で作曲したそう。
「入院してもタダではおきないのが、清先生なんですよね~。」
「どこにいても、じっとしていられないんですよ。」と、中野さんたちは笑ってましたが、
たしかに、入院してる時くらい、ゆっくりしたらいいのに~(^^;
でも、いつでもどこにいても、合唱のことを考えてるなんて、清先生らしいですね。

療養中のことを言うと、パンフレットの表紙にある、カタカナの『ノ』のような赤い線。
ベッドの上で、清先生が一つひとつ、手書きしたそうです。
これは、『シメ(〆)』という字の、2画目の点がないもの。
これで『〆』ではない、まだまだ終わらない、という意味がこめられているそうです。

また、司会進行を担当した和田さん、
「どういうお話をするとか、どんなふうに進めるとか、何の打ち合わせもなかったのよ。
先生は『漫才みたいでいいから。』とおっしゃって。」
と、困ったようにおっしゃっていましたが、いやいや、さすがは和田さん。
軽妙なやり取りには笑いも起こってましたし、和田さんがしっかりしめてくださらなかったら、
コンサートの時間はもっと長くなってたかも?!(笑)

そして、お客様と一緒に楽しむ「全員合唱と楽しい遊び歌」のコーナー。
こちらには、小学生パフォーマー、會田もえちゃんと永井日向くんが登場し、
可愛らしいダンスを披露してくれました。
もえちゃんとは、清先生が校歌を作曲した学校へ出向いて行う
『絆コンサート』で出会いました。
日向くんは、もえちゃんのいとこ、だそうです。
清先生は二人のことを本当に可愛がっているようで、特にもえちゃんのことは、
「ボクの恋人です。」なんておっしゃって、目を細めてニコニコしながら見ていましたよ。
(こういうのを、目に入れても痛くない、って言うんでしょうね(^^))

88歳という年齢に加え、入退院を繰り返しているということもあり、
無事開催できるのか、実行委員会や出演者の皆さんはずっと心配されていました。
私もそういうお話を伺っていましたので、同じく心配していたんですが、
ステージの上の清先生は、言葉に力があり、
歌の大事な部分ではすっと腕が上がって指揮をされ、
客席に向かっていい笑顔を見せてくださいました。
あぁこれが、こんなにたくさんの人に愛される理由なんだなぁ、と
清先生の偉大さを、あらためて感じました。

何度も言いますが、ホントにいいコンサートでした。
清先生、ほんとうにありがとうございました!お疲れ様でした!

・・・と言いたいところなんですが、
清先生、コンサートの大好評に気を良く(?!)したのか、まだまだやる気!みたいです。
ラ・ヴィアン・クールが行っている『絆コンサート』、
清先生があれこれ計画して、6月末に開催されるそうです。

中野さん曰く、
「次回、ファイナルコンサート“2”があるかもしれませんよ(笑)」
・・・まさか?!(≧▽≦)

最後になりますが、ご出演の皆さんをご紹介します。
◎ゲスト出演者、団体
田島好一さん(バリトン)
大志万明子さん(ソプラノ)
三鷹 淳さん(バリトン)
依田喜美子さん(メゾ・ソプラノ)
国立ときわ五万の歌の会
CANTUS VITAE男声合唱団(郡山)
日立メンネルコール

◎いわきの合唱団
女声合唱団ラ・ヴィアン・クール、女声合唱団ラ・ヴィアン・ローズ、
女声合唱団いわき、優しく歌おうコスモスの会、
いわきグリークラブ、平FG合唱団、いわきメンネルコール有志

◎指揮:石河 明先生
◎ピアノ:原田由美さん、佐田洋子さん、酒井かおりさん、津山博子さん

 

6月9日の『音楽会の夕べ」は、
5月8日(日)に、いわきアリオス大ホールで行われました
『第24回いわき市吹奏楽フラワーコンサート』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00
23:00-24:00(再放送)

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子と黒金久恵が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら