福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

<一部中継局放送障害のお知らせ>川前方面への通信回線の不具合が発生しているため、只今、川前中継局、小白井中継局、志田名中継局の受信エリアの放送が聞こえにくくなっております。現在、原因を調査しております。ご了承ください。

番組情報

音楽会の夕べ

2016.09.15 by 永井貴子
福島県立磐城高等学校合唱部 第41回定期演奏会

DSC_0844_350m

今夜も先週に引き続き、7月10日(日)に、いわきアリオス大ホールで行われました
『第13回福島県四校連合定期演奏会
福島県立磐城高等学校合唱部 第41回定期演奏会』のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、磐城高校合唱部より、
3年、前部長の大平隆太くん(Bass)、演奏会実行委員長の宮原杏奈さん(Sop)、
前学生指揮者の加藤麻衣さん(Alt)、前テナーパートリーダーの石川和磨くん(Ten)、
2年、川又真子さん(Sop)、顧問の山田涼子先生 でした。

昨日14日、新体制となり3年生は引退。
・・・というわけで、3年生の肩書がそれぞれ『前』になりました。
3年生、おつかれさま~(^^)
そして、スタジオの外には、練習を終えた1年生3人が駆けつけてくれましたよ。
ありがとね~!

四校連合の定演の後に行われた、磐高合唱部単独の定演。
四校連合があったため、いつもよりも短い時間にはなってしまいましたが、
「その分、密度が濃くて、充実した演奏会でした。」と大平くん。
客席では四校連合のみんなも聞いていたということで、杏奈ちゃんは
「いつも以上に力が入ってました!」と話してくれました。

演奏会は3部構成。

第1部では、谷川俊太郎作詞、面川倫一作曲の
『無伴奏混声合唱のための組曲「ささやかな歌」』を披露しました。
面川さんは磐城高校合唱部OBで、桐朋学園大学音楽学部作曲科卒業。
今年の第27回朝日作曲賞を受賞し、作曲のみならず、コンサート編曲なども手掛け、
それらが国内外で演奏されるなど、活動の幅を広げています。

今回、母校の合唱部が自身の曲を歌うことをとても喜んでくださって、
また、コンクールの自由曲にもしたことから、
定演やコンクール前に直接ご指導してくださったそう。
さらに、当日も来場し、客席から「頑張ってください!」とメッセージをくださったそうです。
おぉ!これはチカラになりますね~。

面川さん自身が『高度なテクニックが求められる難曲』とおっしゃっており、
谷川俊太郎さんの詩についても、
「言葉の裏にあるものを理解するのが難しい。メッセージ性も強くて、
曲が短く感じるくらい、いろんな思いがギュッと凝縮されている。」
と大平くんが言っていて、本当に難しい曲だったようですが、
本番の演奏は、これまでで一番!という出来だったようです。

第2部は、創作ミュージカル<ライオンキング>。
ライオンのシンバが、周りの皆に助けられながら
様々な困難を乗り越えて成長していくストーリーです。
脚本から演出までオリジナルの創作ミュージカルは毎年好評で、
今回は、『自分の周りにいてくれる人のありがたさ』を感じてもらいたい、と
演出係の麻衣ちゃん、真子ちゃんらを中心に、物語を作り上げました。

本日のゲストの中では、大平くんがシンバのお父さん「ムファサ」役を、
和磨くんがミーアキャットの「ティモン」役を熱演しました。
役をやりたい!と自ら手を挙げた和磨くん、
「最初の練習の時に、こんなの歌えない・・・と思って苦しかったです。
でも、シンバ役の瀧美有さんが助けてくれたので、なんとか楽しくできました。」
ディズニー好きの瀧さん(2年)がアドバイスをくれたり励ましたりしてくれたそうです。
和磨くんは、今回のテーマ『周りの人のありがたさ』をちゃんと感じられたみたいですね(^^)
演出係として厳しいダメ出し(笑)をしていた真子ちゃんも「満足です!」と笑顔でした。

部員全員で歌いたい曲を挙げ、涼子先生と話し合って選曲した、第3部。

『混声合唱のための八重山・宮古の三つの島唄より「安里屋ユンタ」』では、
2年・高橋小春さんが三線を披露しました。
三線の経験ゼロの小春ちゃんですが、涼子先生によると「コツコツやる子」ということで、
短い練習期間(10日間ほどだったそう!)ながら、沖縄民謡の雰囲気をしっかり出していましたよ。

『混声合唱のためのコスミック・エレジーより「3、わが抒情詩」』では、
2年・井上由伸くんが、作詞の草野心平になりきって詩を朗読しました。
第3部は全員がお揃いの色違いのTシャツに着替えていましたが、
それでは心平の雰囲気が出ない!と、着物(浴衣)を着、古い学帽をかぶって登場しました。
ちなみにこの学帽、磐高応援団に代々受け継がれているものだそう。
こういうとこ、元男子校っぽい~~!(≧▽≦)・・・と妙なところで感動しました(笑)

演奏会最後の曲『ここから始まる』でソロを歌った大平くん。
「自分の声を聞くのは恥ずかしいです・・・。」とのことでしたが、
いえいえ、大平くんの声はとても心地良いBassで、歌詞にもよく合っていましたよ~(^^)
プログラムの最後にピッタリのステキな曲になっていました。

四校連合に続きこの定演からも、
部員全員が合唱を心から楽しんでいることが伝わってきました。
聞いている私も楽しい気分になれましたよ。
また、昨年は、世界的ソプラノ歌手キリ・テ・カナワさんとも共演、
直接ご指導もしていただくという貴重な経験も。
定演やコンクールは勿論、四校連合とのつながりや、
こうした経験からも刺激を受け、磐高合唱部は日々、成長してるんだな、と感じました。

来年は創部70年という節目にもあたり、新体制となって動き始めた合唱部に、
前部長の大平くんからメッセージをいただきましたよ。

「これから、辛いことや苦しいことがいろいろ待ち受けていると思うけど、
自分たちを信じて、楽しんで歌い続けてください。」

 

9月22日の「音楽会の夕べ」は、
7月2日(土)に、いわきアリオス音楽小ホールで行われました
『いわき市ピアノレスナー協会 40周年記念 10代の音楽家~ピアノ演奏会~』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00
23:00-24:00(再放送)

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子と黒金久恵が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら