福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR

番組情報

音楽会の夕べ

2019.01.17 by 永井貴子
1月17日(木)カリテス・トリオ・リサイタル

IMG_0719[1]
今夜は、昨年10月14日(日)に、いわきアリオス小劇場で行われました
『カリテス・トリオ・リサイタル』のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、
コンサート主催の鈴木幸江さん、テノールの山際隼人さん でした。

(財)エウテルピス音楽芸術文化財団が主催のこのコンサートは、
「若手新鋭音楽家演奏会シリーズ」の第1弾として開催されました。
財団の理事長である幸江先生は、
「皆さんに喜んでいただけたのでは。あたたかい演奏会でした」と笑顔。
カリテス・トリオとして出演した山際さんも
「新しいコンサートの形を作れたかな」と、こちらも笑顔で話してくれました。

カリテス・トリオは、テノールの山際さんと、
ヴィオラの市川友佳子さん、ピアノの森紗也香さんによるトリオです。
『カリテス』とは、ギリシャ神話に登場する美と優雅の女神たちのこと。
(・・・・・・女神?山際さんが??・・・うん、まぁそこは良しとしましょう(笑))
『カリテス』のような優雅で美しい演奏、楽しませていただきました。

ヴィオラの市川友佳子さんは、東京藝術大学音楽学部附属音楽高等学校を経て、
同大学器楽科ヴァイオリン専攻卒業、同大学大学院音楽研究科音楽教育ヴィオラ専攻修了。
ヴィオラ奏者として演奏活動を行うほか、東京藝術大学ALC教育研究助手も務めています。

ピアノの森紗也香さんは、桐朋女子高等学校音楽科卒業、桐朋学園大学音楽学部卒業。
フランス・パリにて研鑽を積み、現在は日本で演奏活動、後進の育成を行っています。

ヴィオラ奏者でありつつも、長くヴァイオリンを続けてこられた市川さん。
コンサートでは曲によってヴィオラとヴァイオリンを弾き分け、
両方の音色を聞かせてくださいました。
森さんのピアノ、繊細さと力強さがあって、また山際さんや市川さんと合わせた時には
寄り添うような優しさもあり、ステキでした~。

プログラムも多彩。
クラシックを中心に、モンティ「チャルダッシュ」やピアソラ「ブエノスアイレスの秋」、
「落葉松」、童謡・唱歌のメドレーなど、なじみ深い曲も多く、
特に、日本語の曲では涙を流しながら聞いてくださった方もいらしたそうです。

3人で演奏することについて、
「実力以上のものが出せたのでは。気持ちよく演奏できました」と山際さん。
幸江先生も3人の演奏を初めて聞いた時に「音楽の幅が広がったな、と感じた」と言い、
「これからもいろんな楽器とコラボレーションしたり、
違う文化を持つ世界の人たちと共演する機会を作っていきたい」ともおっしゃっていました。

今回のシリーズ、第2弾もすでに決定しています。
第2弾は11月、山際さんはじめ男性3人による演奏会になるとか。
また、山際さんが毎年夏に行っているコンサート、今年は7月、アリオス大ホールにて。
モーツァルトのオペラ「コジ・ファン・トゥッテ」を上演する予定だそうです。
今年もさまざまな音楽を届けてもらえそうですね。楽しみですね。

 

1月24日の「音楽会の夕べ」は、
昨年11月11日(日)に、いわきアリオス音楽小ホールで行われました
『津山博子ピアノリサイタル』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00 (再放送)23:00-24:00

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら