福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

FMいわきでは、正社員・契約社員・ADアルバイトを募集しています。まずは、エントリーフォームからエントリーください。<問合せ>TEL  0246-25-0763 <9:30-18:00>

番組情報

音楽会の夕べ

2018.01.25 by 永井貴子
1月25日(木)福島工業高等専門学校吹奏楽部 第39回定期演奏会

P1040786
今夜は、11月12日(日)に、いわきアリオス大ホールで行われました
『福島工業高等専門学校吹奏楽部 第39回定期演奏会』のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、福島高専吹奏楽部より
4年、演奏会実行委員長の小林由佳さん(Cl) でした。

小林さん、今夜の出演にあたり他の部員たちにも声をかけたんですが、
みんな予定が合わない!・・・ということで、一人で来てくれました。
演奏会のことだけでなく、まったく違うお話もできて、楽しかったです~(^^)

さて、今回の演奏会では、昨年なかった第2部の学生企画ステージが復活し、
例年どおりの3部構成で行われました。
実行委員長だった小林さん、「実行委員長の仕事がこんなに忙しくて大変だとは・・・」と、
今思い出してもグッタリしちゃうような(^^;)ようすでしたが、
「OB・OGの方々もたくさん演奏に参加してくださったし、
皆で協力して、良い演奏会になりました。」とも話してくれました。

第1部クラシックステージ
『アルメニアン・ダンス Part1』  A.リード
『喜びの島』  C.ドビュッシー
『落夏流穂」  柳川和樹

吹奏楽経験者なら一度は演奏したことがあるであろうA.リード。
そのリードの代表曲のひとつが『アルメニアン・ダンス』です。
演奏会の1曲目とあって、「指が震えました。」と小林さん。
『喜びの島』は、今年度吹奏楽コンクール自由曲でした。
『落夏流穂=らっかりゅうすい』は、夏が過ぎて秋に変わる頃をイメージした曲で、
「落花流水(男女の相思相愛の状態にあること)』もかけているそう。
小林さんの同級生の部員が「演奏会でこの曲やりたい!」と持ってきたそうで、
最初に聞いた時には「つかみどころのない、不思議な曲だなぁ」と思った小林さん。
でも、吹いていくうちに「この曲好きだな~」と変わっていったそうです。
作曲の柳川和樹さんは、ゲーム会社のサウンドチームに所属していたということで、
(現在はフリーで活躍されているそうです)
どこかゲーム音楽のようなポップな雰囲気もありますが、
切なさを感じさせるメロディーが男女の感情の動きでもあるように感じられて、
何だかキュンとしちゃう、ステキの曲でした。

復活した学生企画ステージには、
『見た目は子供、頭脳は大人!』の、あの名探偵が登場しました!

第2部開始の時間になっても現れない、指揮者の市島徹先生。
そんな中、学生指揮が見つけたのは、
『市島 / さらって / 返してほしい / 用意して』
と書かれた、破れた紙切れ・・・

「市島先生が誘拐された!?」

客席に居合わせた、あの名探偵が謎を解く!

・・・・・・というお話。
名探偵と少年探偵団たちが市島先生を探して巡る海や山などの場面に、
音楽を合わせるという形で物語は進んでいきました。

このステージ、ナルホド良くできてるな~と思うのは、
第2部開始の本ベルから、すでに物語が始まってるところですね。
気づいたらお芝居の中にいたという感じで、面白い!と思いました。
小林さんも「今回は自信あります!」とドヤ顔でしたからね(笑)

ところで、市島先生は本当に誘拐されたのか?!
実は、2部開始前の休憩時間にお菓子を食べ過ぎてお腹をこわしてた・・・
ということで、事件(?!)は解決、めでたしめでたし。
じゃあ紙切れは何だったのか?!
演奏会の練習に遅れることを伝えるためのメモで、
「『市島』より。遅れるから楽譜を『さらって』おいてね。
原譜は『返してほしい』ので『用意して』おいてね。」
みたいな内容の一部だった、とのことで、実はまったく無関係だったんですね~。
このあたりも、うまくできてますよね~(^^)

第3部オリジナルステージでは、6曲を演奏しました。
『演歌メドレー』は、「北国の春」「北酒場」「川の流れのように」の3曲。
お客様も一緒に歌って楽しめるメドレーでしたが、
市島先生も歌っちゃいました!「北国の春」(笑)

『打ち上げ花火』は、高専OGのユニット「花音」さんのオリジナル曲。
特別ゲストとして出演していただき、共演しました。
「花音」は、高専同級生の岡崎奈津美さん(Vo)と倉持祥子さん(Pf&Chor)の2人で
2007年に結成、福島県を中心に活動しています。
「本番のステージでは、岡崎さんの歌声がすぐ近くで聞こえてきました。
すごく歌が上手くて、曲もステキでした。」と小林さん。
番組中も、二人ともウットリと聞き入っちゃいました。

最後に、部長でもある小林さんに、今後の抱負を伺いました。
「“高専生にしかできない音楽をやろう!”と、いつも練習しています。
皆でそこを目指して、これからも努力を続けていきたいです。」
控えめな言葉ですが、地道な練習、努力を積み重ねることで
得られるものってあると思います。
これからも、高専生だからこその高専サウンドを聞かせてくださいね。

 

2月1日の「音楽会の夕べ」は、
昨年12月23日(土・祝)に、いわき明星大学児玉記念講堂で行われました
『中央台ウインターコンサート2017』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00
23:00-24:00(再放送)

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子と黒金久恵が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら