福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

あなたも番組に参加してみませんか。番組テーマはテーマカレンダーでチェック!メッセージ&リクエスト どんどんお寄せください。

番組情報

音楽会の夕べ

2018.11.22 by 永井貴子
11月22日(木)いわき明星大学吹奏楽団 特別演奏会

IMG_0261[1]
今夜は、9月30日(日)に、いわきアリオス大ホールで行われました
『いわき明星大学吹奏楽団 特別演奏会』のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、いわき明星大学吹奏楽団より、
3年、団長の中野みなみさん(Ob)、鈴木千咲稀さん(Tp)、
2年、荒木大輔さん(Perc)、齋藤 澪くん(Tb)、
1年、愛川克樹さん(Tp)、安部 樹さん(Perc) でした。

今回の演奏会は、いわき明星大学吹奏楽団にとって初めての単独の演奏会。
そして、来年度から校名が変わることから、
「いわき明星大学吹奏楽団」という名称では最後の演奏会、という
まさに、特別なものでした。
9月8日には岩手でコンクールの東北大会があり、「とにかく準備が大変でした!」と中野さん。
また、インターンシップの時期と重なった鈴木さんは、
毎日、インターン先から戻って夜の練習に参加していたそう。
大変な思いもしたであろう皆さんにとって、最初で最後の演奏会は、
本当に印象深い、思い出に残るものになったようです。

プログラム第1部は、親しみやすい軽快なマーチで幕開け。
バッハのオルガン曲や今年度のコンクール課題曲など5曲を演奏しました。
バッハは2曲を披露、そのうちの「トッカータとフーガ」は、
コンクール自由曲として東北大会でも演奏しました。
指揮者で音楽総監督を務める根本直人先生の編曲で、重厚感のある美しい一曲でした。

第2部は、アンサンブル。
打楽器4、フルート6、金管8、木管8、オーボエ3の5組が出演しました。
打楽器の「久久能智(ククノチ)」は、日本神話に登場する木の守護神の名前。
前半は静かで厳かな雰囲気、後半は躍動的で大地の力強さを感じるような場面もあり、
興味深い曲でしたね~。
荒木くんと安部くんは演奏会ではメンバーには入っていませんでしたが、
「やりたかった!」と言うのも納得でした。
金8のメンバー、斎藤くんは「普段は和やかに、時には意見を闘わせてました」と、
8人で情熱的な「トレス トロバドル」を作り上げました。
一方、オーボエ3人は「終始、穏やかでホワ~ンとしてました」と中野さん。
マイペースながら実力派の3人によるアンサンブル、聞き入っちゃいました。

第3部は7曲を披露。
ハワイを代表する3曲のメドレー「ソング・オブ・アロハ」では、
大学のフラダンスチーム「moana anuenue(モアナ・アヌエヌエ)」と共演しました。
「モアナ・アヌエヌエ」は、元スパリゾートハワイアンズダンシングチームリーダーの
大森梨江さんにご指導いただきながら幅広く活動しているチーム。
ステージがより一層華やいだ雰囲気になったでしょうね。
ユーミンの名曲「翳りゆく部屋」では、愛川くんがピッコロトランペットソロを担当。
実は今日の6人とも、ソロはやらなくてもいい、と言う控えめ(?笑)なメンバー。
愛川くんも「ソロは得意じゃなくて・・・」と話していましたが、
いえいえ、堂々とした演奏、さすがでした。

来年度からの校名変更とともに、吹奏楽団としては
団員を確保できるのか、団を維持できるのかなど、不安もあると思います。
でも、せっかくここまで積み上げてきた実績と実力ですから、
これからもその素晴らしい演奏を聞かせてほしいと願っています。

 

11月29日の「音楽会の夕べ」は、
9月22日(土)に、いわきアリオス大ホールで行われました
『福島工業高等専門学校吹奏楽部 第40回定期演奏会』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00
23:00-24:00(再放送)

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子と黒金久恵が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら