福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

あなたも番組に参加してみませんか。番組テーマはテーマカレンダーでチェック!メッセージ&リクエスト どんどんお寄せください。

番組情報

音楽会の夕べ

2018.11.29 by 永井貴子
11月29日(木)福島工業高等専門学校吹奏楽部 第40回定期演奏会

IMG_0306[1]
今夜は、9月22日(土)に、いわきアリオス大ホールで行われました
『福島工業高等専門学校吹奏楽部 第40回定期演奏会』のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、福島高専吹奏楽部より、
4年、演奏会実行委員長の吉田彩花さん(Fl)、渡部 翼さん(Fg)、
3年、明治裕七琳さん(Tub)、三浦向日葵さん(Hr) でした。

顧問の廣瀬大輔先生もスタジオに来てくださいました。
ありがとうございました~。

福島高専吹奏楽部の皆さん、40回目の節目の演奏会開催、おめでとうございます!
節目の回の実行委員長を任された吉田さん、
「責任は大きいと感じました。記念の演奏会として華やかなものにしたいと思いました」
高専らしい高い技術を感じる演奏、堪能しました(^^)

第1部クラシックステージは、
指揮者の市島 徹先生が好きだというJ.C.バーンズと真島俊夫の3曲。
真島俊夫の「BIRDS-アルト・サキソフォーンとバンドのための協奏曲」
第2楽章「シーガル」では、
高専吹奏楽部OB会長の今野 大さんのA.Saxソロと共演しました。
今野さんは高専OBとしてこれまでも演奏会に出演していて、市島先生とは気心の知れた仲。
市島先生からのソリストご指名に快くこたえてくださったそう。
IBCサクソフォンアンサンブルのメンバーとして各地で演奏活動もしているので、
どこかでその音色を聞いた、という方も多いはず。
この日の演奏も甘く切なく美しくて、もぉ~ほんと、ステキでした~。

第2部の前には40回記念として、OB・OGステージをお届けしました。
卒業したての先輩から40代、50代の大先輩まで50名ほどが集まり、
後輩たちの演奏会に花を添えてくれました。
年代も幅広く、ふだんから音楽活動をしている方ばかりではないにもかかわらず、
前日練習でちょっと音出ししただけでピタッと息の合った演奏に。
そんな先輩たちのようすに、三浦さんは尊敬を込めて
「さすが先輩という感じです。すごくいい演奏で感動しました」

後半の第2部はオリジナルステージ。
『40』にかけて、中央学院大学創立40周年記念式典のために作曲された
「Fun,Fun,Fantastico」(作曲・宮川彬良)や、
「ウエスト・サイド・ストーリー・メドレー」など、6曲を演奏しました。
この中で、「花は咲く」では合唱に挑戦。
無事に40回目の演奏会を迎えられた喜びと感謝を込め、
また、会場の方たちにも一緒に歌ってもらいたい、とこの曲を選びました。
合唱は部員10名ほどが中心となり、自分たちだけで練習しました。
本番では、歌っている部員も演奏している部員も、さらにお客さんの中にも
涙する姿があったそう。

40回目という節目を終えた高専吹奏楽部。
ですが、記念の回は続くのです。来年はなんと、市島先生が還暦!
(あの若々しさ!カッコ良さ!なのに還暦!!今日イチの驚きの瞬間でした(笑))
これはぜひとも、赤いタキシードで指揮台に乗ってもらいましょうか!

 

12月6日の「音楽会の夕べ」は、
9月24日(月)に、いわきアリオス音楽小ホールで行われました
『骨髄バンクを支援するチャリティーコンサート
歌と弦とピアノで綴る 月に寄せるうた』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00
23:00-24:00(再放送)

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子と黒金久恵が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら