福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

あなたも番組に参加してみませんか。番組テーマはテーマカレンダーでチェック!メッセージ&リクエスト どんどんお寄せください。

番組情報

音楽会の夕べ

2018.12.06 by 永井貴子
12月6日(木)骨髄バンクを支援するチャリティーコンサート~歌と弦とピアノで綴る“月に寄せるうた”~

IMG_E0363[1]
今夜は、9月24日(月)に、いわきアリオス音楽小ホールで行われました
『骨髄バンクを支援するチャリティーコンサート
~歌と弦とピアノで綴る“月に寄せるうた”~』のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、
メゾソプラノの門井悦子さん、コンサート実行委員会代表の齋 京子さん でした。

2014年まで、骨髄バンクを支援する会が主催して行っていたコンサート。
25回の節目を機に終了しましたが、多くの方々から再開を望む声をいただき、
今回、チャリティーコンサートとして4年ぶりに開催しました。
当時、支援する会の代表を務めていて、
今回は実行委員会の代表としてコンサートに携わった齋さんは、
「4年前も涙あり笑いありで、ものすごく盛り上がって終わったんですが、
今回も感動のコンサートでした」
コンサート当日はちょうど、中秋の名月。そのことから、
「大好きな曲、オペラ「ルサルカ」の『月に寄せる歌』がパッと浮かんで、
これをコンサートのタイトルにしようとすぐに決めました」と門井さん。
プログラムにも、月にちなんだ歌をふんだんに盛り込み、
また、ステージには満月に見立てたランプを置くなど美しい秋の夜空を表すような演出で、
耳にも目にも心地良いコンサートになりました。

出演したのは、門井さんと、
門井さんの長女でピアノの門井 睦さん、次女でソプラノの岡田 瞳さん、
ヴァイオリンの岡田鉄平さん、チェロの松浦健太郎さんの5名。
福岡県出身の鉄平さんは睦さんの高校の同級生、東京出身の松浦さんは1コ下の後輩。
皆さん、今では日本全国を飛び回り、様々な場所で活躍していますが、
高校生の頃からコンサートに出演するためにいわきに来て、
門井さんちで寝泊まりし、門井さんのご飯を食べていた、ということもあり、
齋さん曰く「門井ファミリーとその仲間たち、です」(笑)
息の合った演奏はたしかに、ファミリー感が出ていましたね。
編曲はすべて睦さんが担当したそうですが、
それぞれの良さが出たアレンジというのか、どの曲もステキでしたね~。

門井さんも齋さんも、
「お客さまがとってもあったかくて、この空気感は特別です」とのこと。
きっと、お客さまのほうも同じように感じているのではないでしょうか。
骨髄バンクは、現在では多くの人たちに知られた機関となっていますが、
さらに多くの方々に理解を深めてもらうためにも、
こうした活動は続けていってほしいですね。

 

12月13日の「音楽会の夕べ」は、
9月30日(日)に、いわき市文化センター大ホールで行われました
『演奏活動40周年記念 蛭田優子ソプラノリサイタル』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00
23:00-24:00(再放送)

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子と黒金久恵が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら