福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

FMいわきでは、ADアルバイトを募集しています。まずは、お電話でお問い合わせください。TEL  0246-25-0763 <9:30-18:00>

番組情報

音楽会の夕べ

2010.10.21 by 永井貴子
音楽の捧げもの~溝井麻佐美 ピアノ+チェンバロ 秘密のリサイタル

よっ!迷(笑)コンビ!

DSC_1294_320.jpg

今夜のお客様は、
ピアニスト・溝井麻佐美さん、
今回のコンサートで楽器解説、監修を務めた、
いわきアリオス音楽プロデューサーの足立優司さん です。

溝井さんは今回のコンサートで、ピアノとチェンバロ、2つの楽器を演奏していますが、
一人の演奏家が、一度のコンサートの中でピアノとチェンバロを弾き分ける、ということは
とても珍しく、また非常に難しいことで、
日本でもほとんどない、画期的なことだそうです。

そもそもこの2つの楽器、見た目は似て見えますが、
(チェンバロを見たことのない方は、画像検索してみてくださいm(_ _)m)

ピアノは、弦をバチ(ハンマー)で叩く楽器=打弦楽器、
チェンバロは、弦を指やツメの付いた拍子木ではじく楽器=撥弦楽器 で

同じ鍵盤楽器でありながら、構造上はまったく違う楽器なのです。

まず、音の高さ(ピッチ)が違います。
具体的な数字で言うと、ピアノの「ド」は、440~446ヘルツなのに対し、
チェンバロのそれは、415ヘルツと、半音低いのです。
そのため、チェンバロで「ド」を弾くと、「シ」の音に聞こえてしまう、ということです。

さらに、弾くために使う筋肉が違います。
ピアノは全身を使って弾く、(極端に言うと)指に全体重を乗せるようにして弾きますが、
チェンバロは力を抜き、指先だけで弾くようなイメージで、
指を上下させることと、打鍵速度(鍵盤を叩く速度)が必要、だそうです。

このように、ピアノが弾けるからチェンバロも・・・とは、なかなかいかないため、
2つを同一のコンサートで弾き分けるのは、珍しく難しく画期的、ということなんです。

溝井さんは元々、打鍵速度が速く、
また、楽器の構造や感覚の違いを理解する能力に長けていて、
ピアニストでありながら、チェンバロをも弾く素養をお持ちだったんですね。
(私、エラそうなこと言ってますが・・・(^^;)

さて、チェンバロに興味を持たれた方、朗報ですよ!

アリオスでは、11/14(日)~来年3/12(土)までの期間中、4回にわたって、
世界的に活躍するプロ・チェンバロ奏者4人が講師となって、
「市民のためのチェンバロ講座」を開催します。
この講座の中で、ワンコイン(500)で楽しめるミニコンサートが予定されています。

11/14(日)、来年1/22(土)、2/19(土) の3回です。

※詳しくは、アリオスHPをご覧いただくか、
アリオスチケットセンターにお問い合わせください♪

また、今回のコンサートチケットには、
アリオスカフェやイタリアンダイニングで使える、クーポン券が付いていました。

当日クーポンをお使いにならなかった方、
実はまだ、イタリアンダイニングで使用できるんです!
ぜひ、美味しいお食事の際に、クーポンをお使いください♪

『音楽の捧げもの』は、溝井さんが主催する音楽会で、
毎回、番組でご紹介させていただいています。

番組に来ていただくと、溝井さんは息をもつかせぬ勢い(笑)でおしゃべりしてくださり、
OAされるお話よりも、打合せや曲中のおしゃべりのほうが3倍面白い(^▽^;;んですが、
(ただし、放送できない内容も多く・・・(笑))
今夜は足立さんが、ずぅぅ~~~~っとお話しされてました(笑)

足立さん、風邪早く治りますように。
溝井さん、次回はぜひ、満足行くまでおしゃべりしていってくださいね(^^)

さて、来週の「音楽会の夕べ」は、
「第17回 にしきフレンドリーコンサート」の予定です。
どんな演奏とお話が聞けるのか、どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00
23:00-24:00(再放送)

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子と黒金久恵が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら