福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

FMいわきでは、ADアルバイトを募集しています。まずは、お電話でお問い合わせください。TEL  0246-25-0763 <9:30-18:00>

番組情報

音楽会の夕べ

2013.03.28 by 永井貴子
平成24年度 中央台南小学校合唱部 卒業演奏会

IMG_3830.jpg

今夜は、2月23日(土)に、いわきアリオス音楽小ホールで開催されました
『平成24年度 中央台南小学校合唱部 卒業演奏会』のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、中央台南小学校合唱部より
6年生の坂本明日香さん、関根希音くん、鵜沼美咲さん、山田怜奈さん、
林 葵衣さん、蛭田彩音さん、鈴木大空さん、菊池美沙希さん、
顧問の佐藤加代子先生 でした。

先週、卒業式を終えたばかりの子どもたち。(卒業、おめでとう~~♪♪)
打ち合わせの時間に合わせて、局舎前に集合していたようなんですが、
久しぶり(?!)の再会を喜んでか、何やら楽しそうな声が局内にいた私のところまで聞こえていました(笑)

さて、今回の卒業演奏会、彼らにとって皆で歌う最後の演奏会ということもあって、
心に残る、思い出深いものになったようです。

合唱部のテーマ曲として、発声練習代わりに毎日のように歌っていた『マイバラード』。
部活での楽しかったこと嬉しかったこと、辛く大変だったことなど、
歌いながら、いろいろなことが浮かんだでしょうね。

NHK全国学校音楽コンクールとTBCこども音楽コンクール、2つのコンクールで歌った
『希望のひかり』、『夜明けのプレリュード』。
『夜明けのプレリュード』を歌ったTBC~では、南小合唱部として10年ぶりに、東北大会に進むことができました。

6年生全員で選曲し、振り付けも自分たちで考えた『手紙~拝啓十五の君へ~』。
感謝の気持ちと、自分を信じて未来へ羽ばたいていこう、という思いを込めて、この曲を選び、歌ったそうです。
練習も、先生の手は借りず、意見を出し合って自分たちで進めたそう。
「舞台そでで泣きながら聞いてました。」と、先生はおっしゃっていました。

震災復興支援ソング『花は咲く』と、『ふるさと』は、校長先生からのリクエストでプログラムに加えました。
この2曲は、演奏会のリーフレットに歌詞を載せ、会場の皆さんと一緒に歌いました。
お客様の中には、涙を流してくださった方も・・・。
リクエストした校長先生も、喜んでくださり、きっと胸を熱くしたことでしょうね。

本番終了後、子どもたちに、『どんな中学生活を過ごしたい?』と聞いてみました。

明日香さん「合唱でも学んだように、努力をして、勉強や部活を頑張りたい。」

希音くん「努力は自分を裏切らない。目の前のことをきちんとやり遂げて、目標に向かって頑張りたい。」

美咲さん「先輩や同級生のために頑張れる中学生になりたい。」

怜奈さん「中学校は(3年間しかなく)、小学校より短いので、将来のことを考えて、勉強を頑張りたい。」

葵衣さん「吹奏楽部に入りたいと思っているので、合唱で先生から教わった『一音一心』を大事に、
1つ1つの音を丁寧に演奏したい。」

彩音さん「下級生のお手本になれるように、友達と仲良くしたり、部活や勉強を頑張りたい。」

大空さん「合唱で学んだ『協力(響力)』を活かして、部活とか勉強とか友達関係とか頑張りたい。」

美沙希さん「あきらめないで、どんなことにも挑戦して、勉強も頑張れる中学生になりたい。」

彼らが進学する中学校には合唱部はなく、
これまでのように皆で歌うのは難しいかもしれません。

でも、本番中も曲が流れると、誰からともなく自然と歌い出す子どもたち。
先生が「この子達はほんとに歌うことが好きなんですよね~。」とおっしゃっていたとおり、
合唱を楽しんでいる様子が、たしかに伝わってきました。

その気持ち、ずっと忘れずに持っていてほしいです。
そして、合唱を通じて得たモノを胸に、新たな生活をより良いものにしていってくださいね♪
応援してます(^^)

4月4日の「音楽会の夕べ」は、
2月24日(日)に常磐市民会館大ホールで行われました
『福島県立湯本高等学校合唱部 第30回定期演奏会』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00
23:00-24:00(再放送)

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子と黒金久恵が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら