福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

FMいわきでは、ADアルバイトを募集しています。まずは、お電話でお問い合わせください。TEL  0246-25-0763 <9:30-18:00>

番組情報

音楽会の夕べ

2013.05.09 by 永井貴子
福島県立湯本高等学校吹奏楽部 第35回定期演奏会

DSC_0224_350m.jpg

今夜は、3月30日(土)に、いわきアリオス大ホールで開催されました
『福島県立湯本高等学校吹奏楽部 第35回定期演奏会』のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、湯本高校吹奏楽部から
部長のアウ マーカス タテくん、副部長の村田菜摘さん、
木管学生指揮の橋本さきさん、金管学生指揮の見上慎一くん、
顧問の石森千恵先生 でした。
(途中、顧問の橋本葉司先生も駆けつけてくださいました。
「今回は生徒たちに任せます」とのことで、スタジオ隣の打ち合わせルームで
本番の様子を聞いていらっしゃいました。)

今回で35回目を迎えた湯高吹奏楽部の演奏会。
第1回目は「部創立10周年記念演奏会」、昭和53年のことだそうです。

第1部はクラシックステージ。
小惑星探査機「はやぶさ」プロジェクトの成功を記念して作られた『ファンファーレ「はやぶさ」』や
吹奏楽コンクールの自由曲として演奏したレスピーギの『交響詩「ローマの噴水」』、
P.スパーク作曲『交響曲第2番「サヴァナ・シンフォニー」』など、4曲を演奏しました。

コンクールでは全国大会に出場、銀賞受賞も果たしました。
「ローマ三部作」の第一作目として、あまりにも有名な「ローマの噴水」は、
それだけに、演奏について厳しい評価を受けそうですが、
彼らを見ていると、コンクールでは最高の演奏ができたんだろうなぁ~と感じました。
その充実感、余裕が、この日の演奏にも出ていたように思います。

また、「サヴァナ・シンフォニー」は、
陸上自衛隊中央音楽隊の演奏を聞いて感動した橋本先生の
「自分たちもやろう!」との提案によって選曲されました。

マーカスくんは
「第1部最後の曲は毎年、大曲をもってくるんですが、これはいい曲だけど疲れる・・・。」
と、正直(笑)な感想をもらしてくれました。

先生をまた感動させられたと思う?との質問には、村田さんが「ハイ!」と即答。
別室にいらっしゃった橋本先生、どう思っていらっしゃったでしょうね?(^m^*)

第2部は企画ステージ。
「英國夢物語」と題して、ルネサンスから現代までのイギリス音楽を演奏しました。

曲の合間には、朗読家・緑川明日香さんのナビゲートで物語を、
また、湯高OGのハーピスト・渡辺文江さんのハープもお楽しみいただきました。

「演奏しながら、緑川さんの物語の世界に惹き込まれました。」と、橋本さん。
見上くんは、渡辺さんのハープについて、
「初めて聞いた時、こんな音が奏でられるんだ、と感動した。」と話してくれました。

第3部のポップスステージでは5曲を演奏しました。

番組内でご紹介した嵐の「ふるさと」は、湯高合唱部の皆さんが歌ってくれました。
この曲、『Fight,日本 from “温泉マーク”』というオリジナル曲の中の1曲として演奏されました。
(※温泉マークは、3本の湯気が立った、皆さんご存知のアレ!私のPCでは変換できず・・・)
“温泉マーク”?何のこと??と思ったら、“湯本”ってことなんですって。
さすが、湯の町・湯本!

番組本番中は皆、緊張する・・・と言葉少なでしたが、マーカスくんが
「葉司先生と一緒に、お客様に感動を伝えられる音楽を作っていきたい。」と語ってくれたとおり、
部員一同、内にはあつ~い情熱を秘めているんですね。

コンクールやコンサートだけでなく、地域イベントにも積極的に参加している皆さん。
これからも、地域の方々に愛される、
また、いわきへ福島へ日本へ、元気と感動を発信する湯高サウンドを目指してくださいね♪

輝け!湯高サウンド!!

5月16日の「音楽会の夕べ」は、3月31日(日)にいわき市文化センター大ホールで行われました
『菅野優子・添田哲平 ジョイントコンサート』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00
23:00-24:00(再放送)

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子と黒金久恵が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら