福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

FMいわきでは、ADアルバイトを募集しています。まずは、お電話でお問い合わせください。TEL  0246-25-0763 <9:30-18:00>

番組情報

音楽会の夕べ

2013.05.30 by 永井貴子
石河清 85才のコンサート-石河清・音楽生活65周年記念-

DSC_0261_350m.jpg

今夜は、4月21日(日)に、いわきアリオス大ホールで開催されました
『石河清 85才のコンサート-石河清・音楽生活65周年記念-』のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、
コンサート実行副委員長で、女声合唱団ラ・ヴィアン・クールの中野千代子さん、
事務局長の酒井より子さん、舞台係の雨宮良子さんと
今回のコンサートの主役、石河 清先生 でした。

石河先生は1928年生まれの、今年85歳。
20歳の時に、故・若松紀志子先生の門下生となり、
以降、合唱指揮者、指導者、合唱曲の作曲家として、長年ご活躍されています。
いわきの、福島の合唱を語る上で欠かせない存在です。

コンサート開催のきっかけは、本格的に独唱を始めたこと。
ん?それって、いつのこと??・・・と思ったら、
なんと、80歳の時!
ちょうどその頃流行っていた、新井 満さんの曲『千の風になって』を耳にした時に、
自身の音域、雰囲気に合うと感じ、声楽、独唱としての歌の勉強を始めたそうです。

その後、人前で歌ってみたら、
すごい!すごい!とチヤホヤ(先生ご自身でこうおっしゃってました(笑))され、
「オレも歌えるんだ!これだけ歌えるなら、85歳でコンサートをやろう!」
・・・と、今回につながったのです。

ご自身が指導する女声合唱団のコンサートなどで1、2曲歌うことはありましたが、
コンサート全体を通して独唱することは、これまで一度もなかったそう。
85歳にして初めての経験!どんなご気分でした?と伺ったら、

「65年の音楽生活で、人前に出るのは恥ずかしくなくなったけど、
人前で歌うことは、それはもう、ものすごく緊張した!神経もつかった。」
しかし、
「緊張が逆にプラスになった。3曲目くらいから『やるゾ!』という気になって、
その後は思い切り歌えた。」

実は、本番1週間前の夜には、胃の痛みで病院に駆け込み、
そこから本番3日前まで寝込んでいたと言うのです。
夜に眠れない状態も、1ヶ月くらい前から続いていたそうです。

中野さん、酒井さん、雨宮さんとも当然のことながら、とても心配したのですが、
当のご本人、
「寝込んだことで体を休めることができた。」
「眠れない時間に、歌とか構成とか、ステージのことを考えていた。」
「信念と集中力は人一倍持っていると自負しているから、大丈夫だと思っていた。」

何とも前向きというか、頼もしいコトバですね(^^)
そして、石河先生の口から何度となく語られたのは、「感謝」のコトバ。

「合唱団の皆には、コンサートのことはすべて任せられた。感謝している。」
「85歳をお祝いしてくれて、ボクの音楽に共感・共鳴してくれて、とても感謝している。」
「たくさんの聴衆が応援してくれたこともありがたい。」

感謝の気持ちを持ってはいても、なかなか口にできない、という方も多い中で、
こんなふうに素直に、ストレートに、感謝をコトバにできるところ、
石河先生のお人柄、魅力ですよね。

余談ですが。
石河先生にお会いすると、「おつかれさま。」「いつもご苦労様。」「いつもありがとう。」と
毎回一言コトバを添えてくださいます。
石河先生が指導される合唱団の皆さん、「石河先生、好き。」とおっしゃいますが、
こんなさり気ない気遣い、心配りが、石河先生のモテポイント☆なのかも(^m^*)

85歳を迎え、さて今後は?

「生きている以上、歌も音楽もボクから切り離せない。」
「目標に向かって、一歩ずつ、半歩ずつでも進んでいこうと思っている。」
「歌いたい曲も、作りたい曲もまだまだ沢山ある。まだまだやりたいことが沢山ある!」

張りのある歌声もさることながら、熱のこもったお話と力強い口調に、
先生が85歳であることを忘れてしまう時間でした。
番組だけでは話し足りないようなご様子でしたので(笑)、
ぜひまた、遊びにいらしてくださいね♪

石河先生、85歳、そして音楽生活65周年、おめでとうございます!

6月6日の「音楽会の夕べ」は、4月28日(日)にいわきアリオス大ホールで行われました
『いわき吹奏楽団 The Concert 2013』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00
23:00-24:00(再放送)

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子と黒金久恵が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら