福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR

番組情報

音楽会の夕べ

2013.06.27 by 永井貴子
福島県立磐城高等学校吹奏楽部 第24回定期演奏会

DSC_0283_350.jpg

今夜は、5月4日(土)に、いわきアリオス大ホールで開催されました
『福島県立磐城高等学校吹奏楽部 第24回定期演奏会』のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、磐城高校吹奏楽部から
3年・部長の平子 凌くん、副部長の沼田和香さん、
学生指揮の橋本奏葉くん、2年・学生指揮の高橋 亮くん、
副顧問の鈴木浩英先生 でした。

磐城高校吹奏楽部の定演は、毎年ゴールデンウィークの2日間に行われています。
今年は、4日(土)と5日(日)。
番組では、4日の演奏会のもようをご紹介しました。

4日の演奏会当日には、
第1部で演奏した『おきなぐさ~宮沢賢治の愛でた花~』の作曲者、福島弘和先生が来場され、
演奏の前にステージで、この曲についてお話してくださったそうです。
元は、宮沢賢治の同名の童話からイメージして作曲されたそう。
「福島先生が見守る中での演奏は緊張もしたけど、
自分たちのできる精いっぱいの演奏ができた。」と平子くんは話してくれました。

また、番組ではご紹介できませんでしたが、
5日のOB・OGステージには、
この春卒業した先輩から50歳前後の大先輩まで、70名ほどが参加しました。
楽器は久しぶり、と言う人もいて、前日は夜遅くまで練習をされていたそうです。
毎年ここでの演奏を楽しみにしてくださっている先輩も多いそうですよ。

第2部・パートアンサンブルでは毎回、お客様のアンケートに基づいて、
上位3パートの順位を決めています。
今回は、第1位 サックス、第2位 クラリネット、第3位 トランペット でした♪
Claの沼田さん、Tpの橋本くん、嬉しそうでした(^^)
ちなみに、高橋くんのPerは4位、平子くんのTuba(バスパート)は下から2番目。
(余裕の高橋くんに対し、ガッカリな様子の平子くん・・・(笑))

また、第2部のシメとして、ディズニー映画『アラジン』を演じました。
演奏は勿論、演出も脚本も衣装もキャストも、すべて生徒たちだけで作り上げたステージです。
主役のアラジンは平子くん、高橋くんは衛兵役で登場しました。
脚本を担当した沼田さんによると、
セリフはなく、動きだけで場面場面を見せなければならないので、
誰がその役をやったらおもしろいか?を演出係と話しながらキャストを決めたそう。

沼田さん、平子くんについては「部長だし、頑張ってくれそう。」
物語の最初から出てくる衛兵役に「ノリ気でした!」と言う高橋くんに対しては、
「ユーモアのある人なので、それを生かしたかった。
面白い動きで、お客様の心をつかんでくれた。」と(笑いながら)絶賛してました(笑)

第3部では、各曲にソロが入っています。
これは毎年のことで、もはや、磐高の伝統、のようなもの。
橋本くんは、
「本番は緊張して何やってるかわかんなくなることもあるけど、
その緊張が良く働いて、練習よりも本番のほうが上手くいきます。」と話してくれました。

最後に、磐高吹奏楽部の今後の目標、抱負を平子くんと高橋くんに聞きました。
平子くんは、
「コンクールの全国大会に出場するという大きな目標もありますが、
自分たちの演奏を聞いてくださる人の心に訴えられる演奏、
人を感動させられる演奏をしたいと思っています。」
高橋くん、
「学生指揮として、大会などを通じてみんなをうまくまとめていけるようになりたいです。」

個性的な部員が多いという磐高吹奏楽部。
個性がうまく交じり合って、新たな個性となり、
磐高吹奏楽部という大きな存在になっているように感じました。
福島県に磐高あり!
これからも、そんな演奏を期待しています♪

7月4日の「音楽会の夕べ」は、5月19日(日)にいわきアリオス音楽小ホールで行われました
『第3回 二胡のサロンコンサート』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00 (再放送)23:00-24:00

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら