福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

FMいわきでは、ADアルバイトを募集しています。まずは、お電話でお問い合わせください。TEL  0246-25-0763 <9:30-18:00>

番組情報

音楽会の夕べ

2013.07.18 by 永井貴子
福島県立磐城桜が丘高等学校吹奏楽部 第25回定期演奏会

P1040603_350m.jpg

今夜は、6月1日(土)に、いわきアリオス大ホールで開催されました
『福島県立磐城桜が丘高等学校吹奏楽部 第25回定期演奏会』のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、磐城桜が丘高校吹奏楽部から
3年・部長の芳賀瑞季さん(ちゃっぴー)、勝沼茜音さん(あかねっち)、
阿野田まりのさん(まりりん)、2年・副部長の木村由佳さん(どん)と
顧問の小山田 浩先生 でした。

25回目の記念すべき定期演奏会となった今回、
“Music for you ~人を感動させる音楽~”を胸に、部員一丸となってステージに臨みました。

3部構成の第1部は『クラシックステージ』。
吹奏楽コンクール課題曲2曲と他2曲、
また、OB・OGが参加してのステージもあり、そこでは2曲演奏しました。

樽屋雅徳作曲『マードックからの最後の手紙』では、昨年まで顧問だった鈴木謙太朗先生を、
OB・OGステージには、桜が丘高校の前身、磐城女子高校時代から顧問としてご指導くださった
馬目行雄先生をそれぞれ客演指揮者に迎えました。

馬目先生は、「優しくてステキな先生でした。」(あかねっち)、
謙太朗先生は、「少し痩せて、顔の辺りがスッキリしてました!」(どんちゃん)

数曲とは言え、いろいろな先生のご指導をいただけるのは貴重な時間ですよね。
(謙太朗先生については、指導していただいた感想じゃないけど(笑))

第2部は『マーチングステージ』。
マイケル・ジャクソンをテーマに、4曲をメドレーにして演奏しました。

桜が丘高校、マーチングに関してはご指導くださる先生はおらず、
フォーメーションや演奏の仕方など、イチから自分たちで考えてやっているそう。
小学生の時にマーチングの経験のある部員もいますが、
大半は高校に来て初めてマーチングを経験するわけですから、
お客様に披露できるようになるまでにはきっと、ものすごく努力してるんでしょうね。

「練習中はうまくいくのかなぁ~って思ってたけど、本番はよかった!」
と、ドラムメジャーのあかねっち。

第3部は『ポップスステージ』として、7曲を演奏しました。
このうちの2曲、いきものがかりの『じょいふる』と『銀河鉄道999』では、
スペシャルコラボステージとして、
チアリーディング同好会とダンス同好会と一緒にステージに立ちました。

チアリーダーは「かわいぃ~!」、ダンスは「カッコイイ~!」と、
4人とも声をそろえて話してくれました。
特にまりりんは、
「チアのスカートとかめっちゃ可愛くて、同好会に入りたい!」
同好会の皆さん、アイドルのまりりん(“アイドル”と自己紹介してくれました(笑))、いかがでしょうか?(^m^*)

また、毎年恒例の『世代別メドレー』。
今年は「感謝」をテーマに、桜が丘オリジナルの編曲で演奏を披露しました。

ちゃっぴーの言葉。
「顧問の先生や保護者、部活の仲間、地域の皆様に支えられて
音楽が出来ることに感謝しています。」

皆に小山田先生ってどんな先生?と聞くと、
「アツイ!」と一言。
一方、先生に生徒たちのことを伺うと、
「とにかく元気。騒ぎ出したら止まらない。」と苦笑気味(^^;
同時に、「練習は熱心。オンオフの切り換えがしっかりできていますね。」とも。

たしかに、4人を見ているとホント、明るくて元気!ずっとしゃべってるし(笑)
でも、マーチング練習や企画など演奏会に向けての準備の様子を聞くと、
良いものを作ろう、目指そうと一生懸命な思いも伝わってきて、
それが演奏会全体に溢れているように感じました。
これからも、地域の皆さんに愛される桜が丘サウンドを、守り伝えていってくださいね♪

7月25日の「音楽会の夕べ」は、
6月9日(日)に、ラトブ6F 産業創造館企画展示ホールで行われました
『いわきビッグバンドジャズフェス2013』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00
23:00-24:00(再放送)

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子と黒金久恵が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら