福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

FMいわきでは、ADアルバイトを募集しています。まずは、お電話でお問い合わせください。TEL  0246-25-0763 <9:30-18:00>

番組情報

音楽会の夕べ

2013.08.08 by 永井貴子
いわきシンフォニックウインドアンサンブル 第31回定期演奏会

DSC_0308_350m1.jpg

今夜は、6月16日(日)に、いわきアリオス大ホールで行われました
『いわきシンフォニックウインドアンサンブル 第31回定期演奏会』
のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、いわきシンフォニックウインドアンサンブルより
鈴木 彩さん、野崎真実さん、鈴木一広さん(かつ君)、佐藤加奈子さん でした。

(ワタクシ、昨年に引き続き、演奏会のアナウンスをさせていただきました。
シンフォニックの皆さん、お世話になりました(^^))

今回の演奏会、メインに据えた曲は
チャイコフスキー作曲、バレエ音楽「白鳥の湖」より
第10曲「情景」/第13曲「四羽の白鳥の踊り」/
第18曲「情景」/第21曲「スペインの踊り」/終曲

シンフォニックでは最近、クラシック曲をあまり演奏しておらず、
事前に行った団員アンケートでも、
「白鳥の湖」をやってみたい!という意見が多かったそうです。

「誰もが知っている曲は、上手下手がわかってしまうコワさがある。
でも、知っている曲は聞きたい!と思ってくださる方も多いんですよね。」
と、彩さん。

オーボエ奏者の野崎さんは、
「冒頭の旋律は、オーボエ奏者なら一度はやってみたいと思うと思うので、
演奏できてよかった。いい演奏だったと思う。」

第2部は、『課題曲ステージ』。
吹奏楽コンクールの数ある課題曲の中から、世代別に4曲を集めました。

「団員の完全な趣味の世界」
「幾多ものコンクールを勝ち抜いてきた(?)団員達の思い入れのある課題曲」
「採用されずに涙した団員も数知れず」などなど、
課題曲には、悲喜交々の思い出が詰まっているんですよね~。
それだけに、選曲はかなりもめたようです(笑)。

かつ君が思い出に残っている課題曲は、高校時代のもの。
「3年間、ほんとに一生懸命練習したので、その頃の曲は印象に残っている。
3年生の時の『ラメセス2世』は特に。」

この意見に、彩さん、野崎さんは「あぁ~~。」と納得。
さらに、「ラメセスがあったね!」「何で選ばなかったんだろ?!」
一方、加奈子さんは「・・・すみません(^^;。」と、曲をよく知らない様子。
こんなふうに、吹奏楽やってる人って、課題曲で盛り上がれるんです!

パンフレットには、
「稲穂の波」作曲の福島弘和先生と、
「吹奏楽のための「風の舞」」の福田洋介先生による
曲解説も掲載されています。
お手元にお持ちの方、もう一度熟読してみては?

より多くのお客様に楽しんでいただきたいと、プロジェクターをフル活用し、
舞台のスクリーンに様々な写真や解説を流しました。

第3部で演奏した「八重の桜 メインテーマ」では、
大河ドラマの雰囲気を味わおうと会津へ行った時の写真を流しました。
(Per.で指揮者の塩田さん、八重のポスターにチュー、という衝撃の写真が。
会場もざわめいてました(笑)。
綾瀬はるかファンの皆さん、本人に代わりましてお詫び申し上げます(^^;)

また、「お酒ソング・コレクション~酔奏楽の為の~」は、
お酒のCMで使われている曲をメドレーにしたもので、
曲が進むにつれアルコール度数も上がっていく、という仕掛け付き。
スクリーンには、団の飲み会の写真を映しました。
練習よりも飲み会のほうが多いんじゃないか?!と心配(!)されるほど、
お酒好きが揃ったシンフォニック。
飲み会も相当盛り上がってそうですね(笑)。

今週末11日には吹奏楽コンクール県大会が行われ、シンフォニックも登場します。
コンクールの舞台でも、聴衆を魅了する演奏を聞かせてくれることを願っています♪

8月15日の「音楽会の夕べ」は、
7月14日(日)に、いわき市文化センター大ホールで行われました
『レーベンスコール女声アンサンブル30周年 ヴォイスイーゼル15周年
合同記念コンサート』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00
23:00-24:00(再放送)

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子と黒金久恵が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら