福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

FMいわきでは、ADアルバイトを募集しています。まずは、お電話でお問い合わせください。TEL  0246-25-0763 <9:30-18:00>

番組情報

音楽会の夕べ

2013.08.15 by 永井貴子
レーベンスコール女声アンサンブル30周年 ヴォイスイーゼル15周年 合同記念コンサート

IMG_4925_350m.jpg

今夜は、7月14日(日)に、いわき市文化センター大ホールで行われました
『レーベンスコール女声アンサンブル30周年 ヴォイスイーゼル15周年 合同記念コンサート』
のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、
レーベンスコール女声アンサンブルより、浜松良子さん、鈴木ヤイ子さん、
ヴォイスイーゼルより、藤川嘉代子さん、鵜沼美枝子さん、
ピアノ伴奏、ソロの菅野里実さん、
そして、指揮者、指導者でソプラノの菅野優子さん でした。

まずは、レーベンスコール30周年、ヴォイスイーゼル15周年、
おめでとうございます!

長く続けてこられた方にも新しくメンバーにも、
そして、ご指導されてきた菅野先生にとっても、
このコンサートは感慨深いものになったのではないでしょうか。

では、ヴォイスイーゼルからご紹介しましょう。

ヴォイスイーゼルは元々、朗読を楽しむ会として活動していました。
平成10年4月、新たなスタートを切り、
翌11年3月から菅野先生の発声の指導を受け始めます。
12年5月には、菅野先生主催のハーモニーの喜びコンサートに初参加、
(以降、昨年7月の第8回コンサートまで毎回参加)
平成16年5月に、「ヴォイスイーゼル」と改称し、現在に至ります。

菅野先生にご指導をお願いしたのは、
「朗読をちゃんとやるなら、発声もしっかりやったほうがいい!」と考えたから。
発声の練習が、菅野先生の熱意(と強引な誘い?笑)でやがてコーラスになり、
皆さんでそれを楽しむようになっていったようです。

コンサートでは伴奏なしの歌も披露。
菅野先生は、
「発足当初を考えたら、アカペラで歌えるなんてね~。」としみじみした様子。

発足からのメンバーに加え、新たなメンバーも含めた12名で、
今後も地道に楽しんでいきたい、ということです。

続いては、レーベンスコール女声アンサンブル。

昭和57年3月、コーロはまゆうとして発足、
平成3年、現在の名称に改名し、創立10周年コンサートも開催しました。
また、平成10年の第1回ハーモニーの喜びコンサートに参加、第8回まで毎回出演している他、
女声合唱連盟に加盟して祭典に出演したり、慰問コンサートを行ったりしています。

会長の浜松さんによると、レーベンスコールは
「レーベンスの意味のとおり『生き生きと』していて、でもみんな穏やかな性格。
クラシカルな曲が好きなメンバーが集まっています。」とのこと。

菅野先生にとっては、合唱に関わった最初の団ということもあり、
「一緒に育ってきた。」という思いもあるそうです。

今回のコンサート、歌のコンサートでありながら異色なのが、
『ピアノと武術太極拳のコラボレーション』ステージ!

いわき市武術太極拳協会会長で、いわきに武術太極拳を広めた蛭田英明さんが
里実さんの奏でるショパンの調べに乗せて演武を披露しました。

太極拳て、こんなものかな?とイメージはできても、
実際に間近で見る機会はなかなかないですよね。
まして、ピアノの生演奏と太極拳の組み合わせなんて!
この珍しいステージは、お客様にも大好評だったそうです。

「太極拳で体を柔らかくし、柔軟な筋肉を作ることで、長持ちする歌い方が出来る。」
「重心移動や脱力することを学ぶことは、ピアノにも活かせる。」
「呼吸を意識することは歌も同じ。」
などなど、太極拳は音楽にも良い影響を与えているようです。

今回、30周年と15周年の、節目を迎えた2つの合唱団。
今後も、菅野先生とともに新たな歴史を積み重ね、
それぞれの特色、“らしさ”を歌い継いでいってほしいと思います♪

8月22日の「音楽会の夕べ」は、
6月23日(日)に、いわきアリオス音楽小ホールで行われました
『ピティナ ピアノステップ』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00
23:00-24:00(再放送)

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子と黒金久恵が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら