福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

FMいわきでは、ADアルバイトを募集しています。まずは、お電話でお問い合わせください。TEL  0246-25-0763 <9:30-18:00>

番組情報

音楽会の夕べ

2014.01.23 by 永井貴子
子アンパン(トロンボーン四重奏)6thコンサート

DSC_0256_350m.jpg

今夜は、昨年11月30日(土)に、いわきアリオス音楽小ホール行われました
『弥平四郎アンパンヤブラスアンサンブルアカデミー20周年記念
子アンパン(トロンボーン四重奏)6thコンサート』
のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、子アンパンの
赤池 徹さん、五十嵐直弘さん、瀧内紀彦さん でした。

金管アンサンブル団体として1993年に生まれた
弥平四郎アンパンヤブラスアンサンブルアカデミー(YABEA)。
昨年、結成20周年を迎えました。
YABEAの皆さん、20周年おめでとうございます♪

「子アンパン」は、そのYABEAのユニットのひとつ。
トロンボーン四重奏として活動しています。
今回は、ゲストの3人と、藤田智行さんが賛助として出演しました。

6回目となるコンサートでは、
1部ではクラシックを中心に、2部では見た目にもお客様が楽しめる曲を演奏しました。

福島弘和作曲『体操のための音楽』。
「開始の曲」「旋回体操」「屈伸体操」「跳躍体操」「深呼吸」「終了の曲」の
6つの楽章からなるこの曲の楽譜には、
「“演奏会の時はなるべく各楽章の題名を言う事”」
と書かれていて、実際コンサートでも、楽章の前に題名を言ってから演奏しました。

まぁここまでなら、他の団体、他の演奏会と同じ。
子アンパンはひと味違います。

「旋回体操」では体を回しながら、「屈伸体操」では膝の曲げ伸ばしをしつつ、
「跳躍体操」は飛び跳ねながら、トロンボーンを吹いたそう!

このサービス精神・・・さすが、子アンパン!
(とは言え、瀧内さんは「フツーはこんなことしない!」
赤池さんも「音がブレブレで・・・。」と笑ってらっしゃいましたが(笑))

また、前回に引き続き今回も、コンサート終演後に、
トロンボーン経験者のお客様と一緒に『A Song For Japan』を演奏しました。

『A Song For Japan』は、
東日本大震災で被災した日本のために、S.フェルヘルスト氏が作曲し、
Tb奏者をはじめ、世界中の演奏家によって演奏されている曲です。
(この番組でも、昨年8月29日
「インターナショナルトロンボーンアンサンブル 福島公演」でご紹介しました。)

今回は、小学生から社会人まで、市内外から30人ほどが参加してくれました。

30人のトロンボーンの音・・・迫力ありました!
当日集まったとは思えない一体感も感じられましたよ。
お客様は勿論、演奏した皆さんも楽しかっただろうし、
特に小学生にとっては、良い経験になったのではないでしょうか?

子アンパンと一緒に演奏した小学生たちの中から、
第2、第3の子アンパンが生まれる日が来る・・・かも?!(笑)

今年はいよいよ、子アンパン結成15周年!
それを記念したコンサートが
11月29日(土)に、いわきアリオス音楽小ホールで開催されます。
記念とは言っても、いつも通りのコンサートだそうです(笑)
ぜひ、足を運んでみてはいかがでしょうか?

1月30日の「音楽会の夕べ」は、
12月8日(日)に、いわき市文化センター大ホールで行われました
『いわき市ピアノレスナー協会門下生による親善ピアノ演奏会』
の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00
23:00-24:00(再放送)

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子と黒金久恵が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら