福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

10月23日9時38分 いわき市の土砂災害警戒情報 は解除されました。 現在いわき市には、波浪警報と、大雨・洪水・強風・高潮注意報が、また、楢葉町には波浪警報と、強風・高潮注意報が発表されています。今後の気象情報に十分ご注意下さい。

番組情報

音楽会の夕べ

2014.03.06 by 永井貴子
混声合唱団なこそ 結成25周年記念コンサート

DSC_0279_350m.jpg

今夜は、1月26日(日)に、植田公民館で行われました
『混声合唱団なこそ 結成25周年記念コンサート』のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、「混声合唱団なこそ」より
会長の金成洋子さん、副会長の今野浩二さんでした。

今回のコンサートは、団の発足25周年を祝う記念のもの。
長年歌い続けてきた曲や、近年練習を重ねている歌など、
様々な曲を3部に分けて披露しました。

また、最後には、『花は咲く』と
『虹と雪のバラード』(札幌五輪のテーマ曲。ソチ五輪がありましたもんね。)を
会場のお客様と一緒に歌いました。

パンフレットに挟み込んだ歌詞カードを見ながら一生懸命歌うお客様の姿に、金成さんは、
「歌ってくれないかなと思ってたから、ほんとに感動した!
皆さんと一緒に歌えて、嬉しかった!」
とおっしゃっていました。

会場には240席ほどのイスを用意したそうですが、
当日はチケットが足りないほどたくさんのお客様が来てくださり、
最後はチケットなしでお入りいただくほどだったそう。

お客様は「(地元の)植田でやってくれたから来られたんだよ。」
とおっしゃってくださったそうで、
お客様自身も、このコンサートを楽しみにしてくださっていたことが伝わってきますね。

「混声合唱団なこそ」は、
昭和62年に行われた「第九」コンサートに参加した勿来地区の合唱団を前身として、
翌年の昭和63年4月に発足しました。

岡部林之助先生にご指導いただきながら、
平成2年に初めての「ミニコンサート」を開催、
他の合唱団や箏の団体との合同コンサートを行ったり、県芸術祭に参加したり、
福祉施設や学校を訪問するなど、精力的に活動しています。

また、平成22年4月からは指導者を置かず、
団員たちで意見を出し合い、ピアノ伴奏だけで演習を続けています。

現在の団員は10名。
発足当時からのメンバーは、本日のゲスト・金成さんだけということですが、
団員皆さん、練習熱心!
毎週月曜日、月に4回の練習には、ほとんど休むことなく参加し、
時には、1泊2日の合宿までするそうです!

こんな明るく楽しく、熱心な合唱団、
興味をもたれましたらぜひ、練習をのぞいてみてくださいね。
植田公民館で、毎週月曜日午後1時~3時に練習しています。

団員の皆さんの次なる目標は、30周年!
すでに選曲を進め、練習も始めているということです。

30周年まで、あと5年!
地元のお客様のために、これからも歌い続けてくださいね♪

「混声合唱団なこそ」の皆さん、25周年おめでとうございます!

3月13日の「音楽会の夕べ」は、
2月9日(日)に、いわきアリオス小劇場で行われました
『ACUA 第16回定期演奏会』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00
23:00-24:00(再放送)

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子と黒金久恵が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら