福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

FMいわきでは、ADアルバイトを募集しています。まずは、お電話でお問い合わせください。TEL  0246-25-0763 <9:30-18:00>

番組情報

音楽会の夕べ

2016.04.07 by 永井貴子
菅野優子ソプラノリサイタル

153fd978329

今夜は、1月23日(土)に、いわきアリオス音楽小ホールで行われました
『菅野優子ソプラノリサイタル』のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、
ソプラノの菅野優子さん、ピアノの菅野里実さん、太極拳の蛭田英明さん でした。

今回のリサイタルは、『シューベルトと日本歌曲の世界』と題して、
シューベルトと中田喜直の作品を中心に、
1月23日のいわきと翌週31日の福島、2会場で開催されました。
いわきでは、会場に入りきれないほどのお客様が集まってくださったそうです。
「こうしてリサイタルができることの喜びと感謝を感じました。」と菅野先生。
また、伴奏で菅野先生と共演し、ソロ演奏で蛭田さんの太極拳演武と共演した里実さんは、
「続けて2ヶ所でのリサイタルは初めてで、
体力と集中力が必要ということをあらためて感じました。」と話していました。

さて、今回のテーマ『シューベルトと中田喜直』。
菅野先生とシューベルトとの出会いは、菅野先生高校2年生の時。
それまで、歌とは明るく気持ちよく自由なもの、と思っていましたが、
シューベルトと出会い、それだけではなく、
「人間の心に訴える普遍的なもの、偉大なもの」と感じた、と言います。
「シューベルトは歌を志したいと思うようになったきっかけであり、
触れれば触れるほど奥が深くて、外国の曲だけど外国という感じがしない。」

一方、中田喜直は「大好きで、大尊敬してます。」
日本的な美しさを持ち、しかし、日本を越えて世界に通用する美しさを持ち合わせている、
それが、中田作品・・・ということです。
菅野先生は『引き算の美』と表現していましたが、
余計な装飾を取り払って残ったものにこそ宿る美しさ、ということなんでしょうね。

そんな二人の作曲家には、
「シンプルで洗練された美、という共通するものを感じます。」

『引き算の美』と聞いてから、シューベルトの『子守歌』や『野ばら』などを聞くと、
聞き慣れているはずの曲も新鮮な魅力にあふれたものに聞こえますし、
金子みすゞの詩に中田喜直が曲を付けた童謡歌曲集も、
金子みすゞの素直な言葉で綴られた詩と、中田喜直のシンプルなメロディが、
お互いを引き立て合っているように感じましたよ~。

菅野先生のリサイタルでは、太極拳の演武が見られるのも特徴のひとつですよね。
今回は、里実さんがピアノ演奏するドビュッシーの『月の光』にのせて、
蛭田さんが太極拳を披露しました。
蛭田さん、里実さんの演奏の録音を聞きながら動きを付け、オリジナル作品に仕上げたそう。
このリサイタルが、世界初披露!ということですね。

また、衣装は今回のために新調したということで、
龍の刺繍の入った華やかなものだったそうです。
(太極拳の大会では刺繍が入ってるような、いわゆる派手なものは禁止されているそう。)
刺繍部分にライトが当たったら、蛭田さんの動きに合わせて
まさに、龍が動いているように見えたでしょうね。
どんなふうだったのか、気になりますね~。

太極拳をするためにはスペースが必要なため、
ステージのギリギリ端までピアノを寄せたんですが、そこは空調の出口の真下。
風が当たり、演奏の途中で楽譜が落ちてしまったそう。
ピアノを弾いている手の上に楽譜が落ちてきて、里実さんも慌てましたが、
それを見ていたお客様も、あ!大丈夫かしら?!とザワザワ。
さらに、そのザワザワに、何かあったぞ、と気づいた蛭田さんもちょっと慌ててしまい・・・
というハプニングがあったそうです。
本番中にそんなことが起こるなんて・・・まさかの出来事!ですよね~(>_<)
演奏は止まらず続けられ、演武もきちんと披露されたとのことで、ホントよかったです。

菅野先生が歌い始めて、38年。
時には「もう(本番の舞台には)慣れたでしょう?」と言われることもあるそうですが、
「何年やっていても慣れることはない。むしろ、やるたびに怖くなります。
毎回、もっとこうすれば・・・とか課題ばかりが見えてきて、勉強勉強!ですね。」

そんな菅野先生、初めて作曲にも挑戦しました。
それは、『ハーモニーの喜び』。
2年に一度開催している「ハーモニーの喜びコンサート」で、
オープニングに朗読しているご自身の自作の詩に、曲を付けたのです。
「作曲って、ホントに大変でした!こんなこと、もうできない!って挫折しかけたほど。
でも、こんなに大変で苦労したのに、またやってみようかな、って思うんだから、
不思議よね~。」ということで、
新たな可能性を見つけて、嬉しそうな、楽しそうなお顔をされてました。
もう38年?いえいえ、まだまだ38年!ですよ~(^^)

コンサートは今年、10回目、20周年を迎えます。
菅野先生が指導している合唱団が一堂に介す「ハーモニーの喜びコンサート」は、
7月18日(月・祝)13:30~、いわきアリオス大ホールです。
『ハーモニーの喜び』も、ここで初披露されますよ。
ぜひ、足をお運びください♪

4月14日の「音楽会の夕べ」は、
2月21日(日)に、いわきアリオス中劇場で行われました
『心にとどけ 復興和太鼓コンサート2016』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00
23:00-24:00(再放送)

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子と黒金久恵が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら