福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

台風19号および10月25日の 大雨関連情報は、こちらをご覧ください。

番組情報

音楽会の夕べ

2016.04.14 by 永井貴子
心にとどけ 復興和太鼓コンサート2016

15416e0ffa8

今夜は、2月21日(日)に、いわきアリオス中劇場で行われました
『心にとどけ 復興和太鼓コンサート2016』のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、
一打の会会長で、一打の会燈祇(とうぎ)の石井光義さん、
一打の会風凛(ふわり)の阿部美紀さん、一打の会木蓮組の鈴木祐利子さん、
一打の会チル打れん、一打の会CS9(シーエスナイン)の
中学1年・伊藤佐和子さんと松野未悠さん、
十和奏壱鼓(じゅうわそういっこ)の南薗 勉さん でした。

佐和子ちゃんのお父さん、高広さんもスタジオに来てくださいました。
そして、こちらもお馴染み(笑)!本田ファミリーも途中、様子を見に来てくれましたよ。
いつもありがとうございます~!

いわき市で活動する和太鼓グループを中心に、プロ奏者なども迎えて開催されるコンサート。
今回は、9つの和太鼓チームが出演、
スペシャルゲストとして、和太鼓ユニットMUSA、篠笛奏者・武田朋子さんをお迎えしました。
「お客さんも楽しんでたし、やってるこちらもものすっごく楽しかった!」と石井さん。
もっともっと元気を伝えたい!と、今回は『元気!』をテーマにしていたそうです。

また、中平窪・常勝院の住職、横山智俊さんも出演してくださり、
震災の鎮魂のための声明と般若心経を聞かせてくださいました。
MUSAとご住職の美声の共演、聞き応えがあり、厳かな気持ちにもなったでしょうね。

『若葉台保育園』『愛宕保育園』
2月のこの時期はちょうどインフルエンザの流行期だったため、
直前まで練習に参加できなかった子や、本番に出られなかった子もいたそうですが、
皆でカバーし合って、本番のステージを務めました。
そんな助け合う様子や真剣に太鼓にむかう様子に、先生たちは涙・涙だったそうです。

『十和奏壱鼓』
「市民太鼓」からスタートした十和奏は、「和」を大切に演奏してきました。
練習もとても熱心で、番組でご紹介した石井さん作曲の『道』は、
「(この曲を人前で演奏するまで)3年かかった!」と南薗さん。
3年!コツコツと地道に練習を重ねてきたことがわかりますね。
また、この曲で南薗さんは篠笛に挑戦し、演奏の幅をますます広げています。

『相馬野馬追太鼓』
南相馬市から来てくださったこちらのチームは、結成15年目。
「相馬野馬追の世界観を和太鼓で表現し広めよう」と、地元だけでなく、
東北や関東などでも演奏を披露しています。
太鼓に法螺貝も取り入れた演奏で、勇壮な相馬野馬追の場面が浮かぶようでしたよ。

続いては、一打の会グループです。
一打の会はメンバーが増えたことから、メンバーを3つのチームに分けて活動しています。

『一打の会チル打れん』『一打の会CS9』
チル打れんは、幼稚園・保育園児~小中高校生とその保護者からなる親子チームです。
その中で、もっと太鼓を叩きたい!という小学校高学年~高校生が集まったのが、CS9です。
CS9=チル打れん・スペシャル・9(人)で、石井さんが命名したそう。
「最初、『CS9』て聞いた時、ダッサ~!て思ったけど、
意味聞いたら、なるほど~カッコイイ!って思った。」と佐和子ちゃん。
(そんな佐和子ちゃんの後ろで「ダサいとか言っちゃダメ!」と焦る高広パパ(笑))
佐和子ちゃんも未悠ちゃんも、ホントに太鼓が大好きみたいで、
チル打れんよりも難易度の高いであろうCS9の練習も、楽しんでいるようでした。

『一打の会木蓮組』『一打の会風凛』
名前のとおり、木曜日に練習している木蓮組は、メンバーが増えて、現在13名。
風凛は、風凛となって2年目。市内のイベントに積極的に出演し、演奏を披露しています。
ジャージ姿でスタジオにいらした祐利子さん、番組終了後、
「こんな(ジャージの)格好ですみません、これから練習に行くんです!」とのこと。
そっか、今日は木曜日ですね!練習、ガンバッテ~!
美紀さんは入団7年になるそう。(石井さん、「そんなに長いの?!」と驚いてました(笑))
少数精鋭の6名で、今後も各地のイベントに参加し、
「聞いてくださる皆さんが、元気になるような演奏を目指してます!」と話してくれました。

『一打の会燈祇』
一打の会の新ユニットが、燈祇です。
風凛、木蓮組、チル打れんの、チームの枠を超えて集まったメンバーで、
一打の会グループの団結の証となるべく、より高いレベルの演奏を目指しています。
新しいユニットとは言え、さすがの貫禄ある演奏で、グッと引き込まれましたね~。

そして、今回のスペシャルゲスト、『MUSA』と『武田朋子』さん。
MUSAは、2006年に結成された和太鼓ユニットです。
メンバーの井上智彦さん、加藤拓哉さん、山田ケンタさん、高田 淳さんは、
それぞれがソリストとしても、国内外で活躍していらっしゃいます。

篠笛奏者の武田さんはこれまでにも、
和太鼓集団「どんがら」として、また、和太鼓奏者の内藤哲郎さんと「朋郎」として、
心にとどけコンサートにご出演いただいてますので、
ファンという方、いわきにも増えているかと思います。

この2組、息もピッタリ、一体感のある演奏で、
お客様だけでなく、石井さんら出演者も魅了していました。

昨年は客席からコンサートを見守った石井さんは、
「もっと楽しんでもらうため、もっと楽しむために、やれることがあるんじゃないか。」
と考えたそう。
そこから『元気』というテーマが生まれ、
元気になってもらえる、元気になれるコンサートが今回、実現したんだと思います。
次はどんなコンサートになるのか、まだまだアイデアはありそうですよ。
楽しみですね♪

4月21日の「音楽会の夕べ」は、
2月21日(日)に、いわきアリオス大ホールで行われました
『いわき吹奏楽団 The Concert 2016』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00 (再放送)23:00-24:00

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら