福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

FMいわきでは、ADアルバイトを募集しています。まずは、お電話でお問い合わせください。TEL  0246-25-0763 <9:30-18:00>

番組情報

音楽会の夕べ

2017.05.11 by 永井貴子
5月11日(木)心にとどけ 復興和太鼓コンサート2017

DSC_0687

今夜は、2月26日(日)に、いわきアリオス中劇場で行われました
『心にとどけ 復興和太鼓コンサート2017』のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、
一打の会会長の石井光義さん、
一打の会木蓮組の矢吹和子さん、小野寺未来さん(娘の紅明ちゃんも)、
一打の会チル打れんの小野寺明廉くん、小野寺神明くん、
一打の会風凛(ふわり)の白石祥一さん、十和奏壱鼓の鴫原祐子さん でした。

スタジオの外には、キラキラモール付きの大きなうちわを手に、
一打の会メンバーの秋元さん、お馴染み!本田ファミリーも遊びに来てくれました。
うちわはメンバーの名前入り・・・アイドルかっ!(笑)
いつもありがとうございます~!

和太鼓グループ・一打の会が中心となり、
震災からの復興を願って開催しているこのコンサート。
会長の石井さんは、
「いつになくお客さんからの評判が良かった。
今まで以上にメリハリがあったし、ゲストも良かったし、
メンバーみんなが頑張ったからでしょうね。」とのことで、
充実したコンサートだったんだな~ということがうかがえました。

出演したのは、9つの和太鼓チームと、ゲスト2組。
さらにスペシャルゲストとして、和太鼓のはせみきた&小泉謙一Duo、
篠笛・能管奏者の山田路子さんをお迎えしました。

はせみきたさんと小泉謙一さんは、
太鼓奏者・林英哲さんのツアーメンバーとして国内外の数々の舞台に出演。
その後、ソリストとして活動する中でも共演を重ね、
さまざまな作品制作に取り組んでいます。
山田路子さんは、横笛、篠笛・能管を用いて演奏活動を行う傍ら、
作曲や指導、楽曲提供も行うなど、幅広く活躍しています。

これまでこのうちの2人が演奏、という機会はあったそうですが、
3人でも共演は初めて。
本番での演奏を(舞台袖からですが)聞くことができたという矢吹さんは、
「3人の息がぴったり合ってて、迫力ある演奏でした!」と感動した様子。
また「はせさん小泉さんの太鼓を叩く姿をカッコ良くて~!」とウットリでしたよ(笑)

それでは、出演順に演奏団体をご紹介しましょう。

『愛宕保育園』『若葉台保育園』
震災当時は0歳だった子どもたちが年長さんになり、こうして太鼓を叩けるように・・・。
元気なかけ声と一生懸命なバチさばきに、目を細めたお客様も多かったのでは?
子どもたちの成長に嬉しくなりますね。

『一打の会チル打れん』
親子で太鼓演奏するチームです。
メンバーの明廉くん神明くん兄弟は、
(あれんです!かむあです!二人合わせて“あれかむ”です!・・・と、
漫才コンビみたいに挨拶してくれました(笑))
お母さんである未来さんの影響もあって、保育園から和太鼓を始めました。
「チル打れんは、練習はゴチャゴチャしてるけど、本番はちゃんとする!」
と明廉くん。今回の本番もうまくいったみたいです。
神明くんは「みんなに見てもらえるのが嬉しい。」そうで、
練習でも本番でも、楽しんで太鼓を叩いているようすでした。

『田島太鼓龍巳会』(ゲスト演奏)
2007年に南会津町で結成された龍巳会は、小学生から高校生がメンバーで、
和太鼓日本一決定戦で、ジュニア優勝、一般の部準優勝の経歴を持つ実力派です。
この時の演奏を聞いた石井さん、あまりの素晴らしい演奏に、
コンサートに出てもらいたい!とすぐに声をかけたそうです。
今回の本番でも「息の合った演奏、素晴らしかった!」、
矢吹さんも「若い子たちのパワーがすごかったです!」とのことでした。

『一打の会木蓮組』
様々な職業、年齢層が集まったチームです。
矢吹さんは以前、別のグループで太鼓をやってましたが、
やっぱりまた始めたいと、3年ほど前に木蓮組に入りました。
「太鼓の音が好き。みんな仲良くやってます。」
未来さんは震災前から木蓮組にいるので、すでにベテランさんですね。
太鼓をやってる姿は、子どもたちには「いつもより真剣。コワイくらい。」だそうですが、
「子どもたちと同じ時間に同じことができるのは楽しいし、
一緒に楽しめるのも嬉しいです。」と話していました。
今回演奏した『謳天囃子(おうてんばやし)』、お祭りの賑やかな雰囲気や、
浮き立つような気持ちが表われていて、良い曲でしたよ。

『一打の会風凛』
『風凛』は、4月から名前を『仁風(じんぷう)』に変え、新たにスタートしています。
白石さん、実は仕事のため、コンサート本番には出られなかったそう。
欠かさず練習に参加しているそうなので、残念・・・ですが、
「少ない人数なので、それぞれマルチな技術が求められる。
これからも、カッコイイ!と思ってもらえるチームでありたいと思ってます。」

『十和奏壱鼓』
結成から10年を越え、メンバーの年齢も上がってきましたが、
「年齢に合わせてマイペースに、できることをやっています。」と鴫原さん。
鴫原さん自身、“気”を大事に、“気”を前面に出した演奏を心がけているそうです。

『一打の会つばさ』
チル打れんの中で「もっと太鼓を叩きたい!」という中学生を中心にしたチームです。
中学生らしい瑞々しさや伸びやかさが感じられて、すごく良い演奏でした。

『一打の会燈祇』
一打の会グループの団結の証『燈祇』。
「燈」には、「高く持ち上がる花火」「後世へつなぐ」の意味が込められています。
それぞれのチームから精鋭メンバーが集まっているため、
さすが、演奏に聞き入ってしまいますね。

『山木屋太鼓』(ゲスト演奏)
2001年に結成された川俣町の山木屋太鼓は、
「美しい自然、そしてここが故郷」をテーマにオリジナル曲を創作、演奏活動を行っています。
地区は避難指示区域となっていたため、それぞれの避難先から集まってくるなど、
厳しい環境の中でも、ずっと練習を続けてきたそうです。
私は、山木屋太鼓という名前は知ってましたが、演奏を聞くのは初めて。
ズシンと響いてくるような重厚な音、良かったですね~。

コンサートの今後について、石井さんは
「そもそもの趣旨・理念は、復興。
聞きに来てくださった方に、和太鼓で元気を届けたい。
来てくださった方が『元気をいっぱいもらった!』と言ってくださるようなコンサートに
これからもしていきたい。」

和太鼓の演奏を聞き慣れない方でも、この曲いいな、この演奏スゴイな、と
心が動かされるような瞬間がきっとあるはず。
ぜひそれを、コンサートで体感してみてください♪

 

5月18日の「音楽会の夕べ」は、
4月15日(土)に、中村病院で行われました
『第32回中村病院コンサート』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00
23:00-24:00(再放送)

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子と黒金久恵が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら