福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR

番組情報

音楽会の夕べ

2019.06.13 by 永井貴子
6月13日(木)第27回フラワーコンサート①

1
今夜は、5月12日(日)に、いわきアリオス大ホールで行われました
『第27回フラワーコンサート』のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、好間中学校吹奏楽部より、
3年、部長の渡邉寿音さん、副部長の鈴木 伶さん、金成涼海さん、
顧問の浦辺政彦先生 でした。

前年度の全日本吹奏楽コンクール福島県大会において、
金賞以上の成績を残した団体が参加できるフラワーコンサート。
今回は、小学校3校、中学校8校、高校4校、大学1校、それに一般バンド2団体の
計18団体が出演して開催されました。

今夜は中学校と高校、合わせて8団体をご紹介しました。

◎好間中学校吹奏楽部 <指揮:浦辺政彦先生>(県大会金賞)
昨年初めて、大編成でコンクールに出場し、県大会で金賞も受賞した好間中。
涼海さんは初めての県大会に、
「緊張もできなかったくらい、本番の実感がなかった」ということですが、
それで金賞と言うのは、しっかり力を出せた、ということですね。
初めてのフラコンも「最後まで楽しめました」と伶さん。
寿音さんは「好間中が目指すのは、自己満足で終わるのではなく、
聞いてくれる人たちに『楽しい』とか『すごいなー』と思ってもらえる演奏」
さらに、今年の目標は「東北大会に出場することです!」とも話してくれました。

ちなみに、部長としての寿音さんは「頼りになる!」と、伶さんと涼海さん。
逆に、副部長の二人のことは「二人のほうがしっかりしてる!」と寿音さん。
浦辺先生も「みんな良い子たちです!」ということで、
協力して良い部活動をしようとしてるんだなと感じました。
来年もフラコンに出られるよう、ガンバレ~!

◎泉中学校吹奏楽部 <指揮:宮﨑祥崇先生>(県大会金賞)
聞いてくれる人、応援してくれる人たちに感謝の気持ちが伝わる演奏を、という泉中。
今年の目標は『宮﨑先生を東北大会に連れて行くこと!』だそう。頼もしい!

◎湯本第一中学校吹奏楽部 <指揮:石井直樹先生>(東北大会金賞)
個性あふれる部員たちと熱い先生方とで、より良い音楽を目指す湯本一中。
フラコンでは好間中と同じく「エルザの大聖堂への行進」を演奏しました。
涼海さんは「同じ中学生でこんな演奏ができるんだ、
曲の解釈によっていろいろな表現ができるんだ、と感じました」とのこと。

◎平第二中学校吹奏楽部 <指揮:鵜沼勇雄先生>(県大会金賞)
フラコンでは歌も披露した平二中。
「チーム平二中、わかりあい、支えあい、高めあう仲間づくり」をモットーに
努力を続けています。

◎平第三中学校吹奏楽部 <指揮:田中 純先生>(県大会金賞)
目標は「太く響いた音で息の合った演奏を届けよう」
学年は関係なく責任をもって自分の音を奏で、心揺さぶられる演奏をしたいと
日々練習に励んでいます。

◎平商業高校吹奏楽部 <指揮:藤林二三夫先生>(東北大会金賞)
昨年は東北大会金賞に加え、日本管楽合奏コンテスト全国大会で最優秀賞を受賞。
今年もより良い平商サウンドを目指します。

◎湯本高校吹奏楽部 <指揮:小山田浩先生>(全国大会銅賞)
湯高吹奏楽部は先週、番組に出演してくれましたね。
湯高らしいあたたかなサウンドを目指し、日々の練習に取り組んでいます。
フラコンも定演の演奏も聞いた伶さん、「迫力ある演奏で、サウンドもキレイでした」

◎磐城高校吹奏楽部 <指揮:橋本葉司先生>(全国大会銀賞)
「人に感動を伝える音楽」を目標に、「文武両道」をモットーに、
限られた時間の中で質の高い演奏を目指しています。
寿音さんは「音が透き通ってて、ハーモニーもキレイでした」

浦辺先生によると、当日券の販売を途中で終了するほど、
今年のフラコンもたくさんのお客様が来てくださったそう。
いわきの吹奏楽人気を示すようですね。
出演校はじめ各団体にはこれからも、いわきの吹奏楽を盛り上げていってもらいたいですね。

 

6月20日の「音楽会の夕べ」も引き続き、
『第27回フラワーコンサート』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00 (再放送)23:00-24:00

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら