福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

FMいわきでは、ADアルバイトを募集しています。まずは、お電話でお問い合わせください。TEL  0246-25-0763 <9:30-18:00>

番組情報

音楽会の夕べ

2017.06.29 by 永井貴子
6月29日(木)福島県立磐城高等学校吹奏楽部 第28回定期演奏会

IMG_0801[1]

今夜は、5月4日(木)に、いわきアリオス大ホールで行われました
『福島県立磐城高等学校吹奏楽部 第28回定期演奏会』のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、磐城高校吹奏楽部より、
3年、部長の樫村遼翼くん(Tb)、副部長の永井るいさん(Fl)、学生指揮の鈴木直人くん(Sax)、
顧問の石井絢花先生 でした。

石井先生、「私は引率で来ただけですから出ません!」とおっしゃってましたが、
無理を言ってスタジオに入っていただきました(^^)
生徒たち以上に緊張した様子(笑)でしたが、ご出演ありがとうございました♪

 

4月に顧問の先生が変わり、新体制として最初の大舞台となった定期演奏会。
「みんな、気合いを入れて本番に臨みました。全力を出し切れたと思います。」
と言う遼翼くんに対し、るいさんは、
「余裕なく準備してきたので、いつになく緊張しました。
3年生で最後の定演・・・(涙)とか、それどころじゃなかった(^^;ですが、
それでも、最後だから楽しもう!とは思いました!」
直人くんは、学生指揮者として磐高サウンドを作っていく中で、
「僕は一人ひとりの“自主性”を大切にしていて、
演奏会では、いい演奏を届けることが最大の目標と思ってやってきました。
自分たちが頑張ってる姿を見せられたら、という思いもありました。」と話してくれました。

 

さて、第1部は、5曲。
今年度吹奏楽コンクール課題曲と、ロシア人作曲家の曲を中心に演奏しました。
選曲については、先生方に意見をいただきながら、自分たちがやりたい曲を選んだところ、
『ロシア物』ということになったそう。
ロシア物の魅力について、直人くんは、
「ロシア人としての民族の誇りや思いが強く出ている。心揺さぶられる美しい曲だと思います。」
遼翼くんも、
「曲が作られた当時の国の背景や情景が反映されていて、作曲者の強い思いが伝わってきます。」
たしかに、私もロシア物って面白いな~と思います。
広い国土の様々な民族音楽を取り入れたりして、独特の色がありますよね。

 

続いて第2部は、アンサンブルステージ。
昨年度アンサンブルコンテスト東北大会にて銀賞を受賞した
フルート四重奏『グランド・カルテット』、
今年は『ミュージカル』をテーマにした、恒例のパートアンサンブル、
さらに、オリジナルの演出と演奏によるミュージカル3曲をお楽しみいただきました。

るいさんは、フルート四重奏のメンバーの一人。
東北大会同様、「いい演奏を伝えたくて頑張りました!」とのこと。
その頑張りは、続くパートアンサンブルのコーナーでも発揮され、
お客様アンケートの集計の順位で見事!1位に輝きました。おめでとう~♪
昨年1位だったSaxパートは、惜しくも2位。
「今回はまぁ、フルートに譲りました。」と言う直人くんに対し、
「いえ!勝ち取りましたっ!」と、食い気味にかぶせてきたるいさん(笑)
これは、来年の順位が楽しみですね~(^^)

オリジナル演出のミュージカルは、
今年はセリフなどはなく、登場人物の衣装を身に付けて演奏する、という
より音楽を楽しんでもらうことを意識した、シンプルな構成にしました。
この中で、『オペラ座の怪人』のファントムに扮したのが、遼翼くんです。
「最後(の定演)だしやってみようかな、と」自ら志願したファントム役。
演出係にアドバイスをもらいながら、演奏と動きでファントムの切ない心の内を表現しました。

 

第3部は、磐高名物『サンバ・デ・ラブズ・ユー』で幕を開け、
部員有志によるチアリーディングも楽しみな『Young Man -YMCA-』まで、7曲。
『リフレクティブ・ムード』でソロ演奏を披露した遼翼くん。
昨年に続いてのソロに、「勉強になることがたくさんあります。」とのこと。
遼翼くんに限らず、ソロはやりたい人が立候補してやることになってるそうで、
さらに、2~3年生はほぼ全員、短いフレーズでもソロがあるそうです。
これは、吹奏楽部OBで現在、吹奏楽部トレーナーを務めてくださっている
Sax奏者の青木知生さんが、すべて編曲してくださっている、とのこと。

青木さんは、3月28日に行われた「ウェルカムコンサート」で指揮をしてくださり、
同じくOBでトレーナーの小野寺宏貴さんとともに、コンサート開催に尽力してくださいました。
このコンサートは、すでに磐高入学が決まった中学生に向けて、
歓迎と、入部してほしいなという気持ちを込めて、初めて開いたもの。
短い準備期間で大変なこともあったようですが、
青木さんらOBに支えられ、楽しいコンサートになったそうです。

 

 

毎年のことですが、5月の段階でこれだけの演奏ができるというのは、
新入部員の1年生も、彼らを引っ張る2・3年生も、どれだけ努力してるんだろうと、
本当に感心してしまいます。
また、直人くんが言っていた“自主性”という言葉。
選曲やアンサンブル、ソロ演奏など、様々な場面で見られましたね。
これまでもこれからも、主体性をもって磐高サウンドを作り上げていくんだ、
という気概を感じました。

最後に、今後の目標・抱負を、部を代表して部長の遼翼くんに伺いました。
「コンクールでは今年も全国大会に出場し、金賞を受賞することが一番の目標です。
また、自分たちが活動できるのは、地域の人々や保護者、OB・OG、顧問の先生方の
協力のおかげと考えています。
そうした皆さんに、演奏を通じて感謝の気持ちを伝えられるよう、
日々、活動していきます。」

 

 

 

7月6日の「音楽会の夕べ」は、
5月14日(日)に、いわきアリオス大ホールで行われました
『福島県立磐城桜が丘高等学校吹奏楽部 第29回定期演奏会』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

 

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00
23:00-24:00(再放送)

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子と黒金久恵が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら