福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

台風19号および10月25日の 大雨関連情報は、こちらをご覧ください。

番組情報

音楽会の夕べ

2020.08.13 by 永井貴子
8月13日(木)いわき室内合奏団 第5回演奏会

室内合奏
アンコールセレクションとして昨年の演奏会を振り返る「音楽会の夕べ」。
今夜は、昨年6月16日(日)に、いわきアリオス音楽小ホールで行われました
『いわき室内合奏団 第5回演奏会』をお送りしました。

いわき室内合奏団にとって5回目の節目、ということで、
4人のソリストをお迎えして豪華に、華やかに開催された演奏会。
今夜はソリスト2人の演奏を含め、演奏会の前半をご紹介しました。

アルビノーニ:5声の協奏曲 ハ長調 Op.5-6
ヴィヴァルディ:チェロ協奏曲 ロ短調 RV424 チェロ・ソロ:横山桂
ヘンデル:オペラ≪エジプトのジュリアス・シーザー≫HWV17より クレオパトラのアリア
「この胸に息のある限り」「海の嵐で難破した小舟は」 ソプラノ:渡邉奈保子

横山さんは日本フィルハーモニー交響楽団チェロ奏者、東京チェロアンサンブルメンバーで
第1回、第3回に続いての出演です。
横山さんのチェロ、やわらかくて耳に心地良いんですよね。とてもステキな演奏でした。

奈保子さんは第4回に続いての出演。
この演奏会ではいつものドレスとは違うクレオパトラ風の衣装で登場し、
客席からは歓声ともため息とも言えない声がもれていたそう。

今夜は、ソロコンサートミストレスの常光今日子さんにお電話でお話を伺いました。
今日子さんと横山さんは大学の同級生。
学生時代の横山さんはいじられキャラ(意外!)だったそうですが、楽器を手にすると
「頼もしい存在。しっかりと力強く弾いてくれて、それは今も昔も変わらない」とのこと。
団のメンバーとも気さくに明るくコミュニケーションを取っていて、
「特に低音部のメンバーはいろいろと相談しやすいみたいです。みんな楽しそうですね」

また、奈保子さんについては「いるだけで華があって、その場が明るく華やかになる」と。
共演の度に
「アンサンブルの勉強をさせてもらってます。音の出し方、出方が変わってくるのが分かります」
と話してくれました。
余談ですが、奈保子さんて背が高くてスッとしてるんですね。
一方、今日子さんもワタクシも小柄なほうなので、
「(身長)分けてほしいくらいです~(笑)」と今日子さん。・・・分かる~(笑)

次週8月20日も、こちらの演奏会をご紹介する予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00 (再放送)23:00-24:00

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら