福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

あなたも番組に参加してみませんか。番組テーマはテーマカレンダーでチェック!メッセージ&リクエスト どんどんお寄せください。

番組情報

音楽会の夕べ

2018.08.23 by 永井貴子
8月23日(木)有森博&長瀬賢弘ピアノデュオシリーズ ロシア秘選集Vol.6「雅」

IMG_2986[1]
今夜は、7月24日(火)に、いわきアリオス音楽小ホールで行われました
『有森博&長瀬賢弘ピアノデュオシリーズ ロシア秘選集Vol.6「雅」』
のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、ピアニストの長瀬賢弘さん でした。

ロシアの知られざる秀作をお届けするこのシリーズ、
6回目は、オール・アレンスキープログラムをお楽しみいただきました。

アントン・ステパノヴィチ・アレンスキー:「2台ピアノのための組曲」より
第2番「シルエット」Op.23
第3番「変奏曲」Op.33

第5番「子供の組曲」(カノン形式による)Op.65
第4番 Op.62
第1番 Op.15

昨年、藝大で行われた演奏会で、組曲「第1番」を演奏した長瀬さん。
第5番まである組曲全曲を演奏してみたい、と思い立ち、
有森先生も賛同してくださったことから、今回のプログラムとなりました。

アレンスキー(1861-1906)は、ロシアの作曲家。
「ショパンやメンデルスゾーンらの影響を受けつつも、
そのすき間にロシア的な要素が垣間見える。そこが彼の魅力」と長瀬さん。
また、彼は裕福な家庭に育ち、恵まれた環境で音楽に取り組んでいたそうで、
「古風と言うか、昔懐かしいにおいがするような作風や、
育ちの良さが感じられるところが『雅』な雰囲気を醸し出している」とも。
今回のタイトル『雅』というのも、そんなところから生まれたようです。

前回の「夢」では様々な幻想曲を演奏し、
「これまでで一番大変だった」とおっしゃっていた長瀬さんですが、
「今回は素直に感じたままを弾くことができて、楽しかったです。
アレンスキー自身、ピアニストでもあったので、
ピアノの響きの楽しさ、楽しみ方を知ってる人だな~と思った」

聞く側の私も、肩に力を入れずに聞けたと言うのか、
優雅な雰囲気もあって、ゆったりした気持ちで聞けた、という感じです。

また、最後に演奏された「第1番」の第1曲「ロマンス」。
長瀬さんはこの曲を聞くと、留学時代、真夜中に
空港からモスクワ市内へ向かうタクシーの中から見た光景が浮かぶそう。
「片側4車線の広い道路、それを照らすオレンジ色のライト、ちょっと寂しいような気持ち・・・
そんなことが思い浮かぶんですよね」

あぁ~、ありますよね、情景が浮かぶ曲って。
その曲を聞くとなぜかあの時のあの場面が浮かぶ、なんて曲、私もあります(^^)
「ロマンス」はとてもロマンチックな雰囲気で、ステキな曲でした。

アレンスキー作品は、室内楽曲などのほうが演奏される機会が多いそうですから、
今回、ピアノ曲を聞くことができたのは貴重だったかも。
まさに、知られざる秀作に触れられた時間でした。

長瀬さんの今後の出演予定はこちら。
9月30日(日)14:00~ いわき市文化センター大ホールにて
「~演奏活動40周年記念~ 蛭田優子ソプラノリサイタル」
2019年3月25日(金) 東京・すみだトリフォニーホールにて
「長瀬賢弘プロコフィエフを弾く プロコフィエフシリーズVol.5」

 

8月30日の「音楽会の夕べ」は、
8月22日(水)に、いわきアリオス音楽小ホールで行われました
『女性合唱団ラヴィアンクール 第41回全日本おかあさんコーラス全国大会出場記念壮行会』の予定です。どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00
23:00-24:00(再放送)

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子と黒金久恵が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら