福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

FMいわきでは、ADアルバイトを募集しています。まずは、お電話でお問い合わせください。TEL  0246-25-0763 <9:30-18:00>

番組情報

音楽会の夕べ

2017.09.28 by 永井貴子
9月28日(木)有森博&長瀬賢弘ピアノデュオシリーズ ロシア秘選集Vol.5「夢」

DSC_0860
今夜は、7月24日(日)に、いわきアリオス音楽小ホールで行われました
『有森博&長瀬賢弘ピアノデュオシリーズ ロシア秘選集Vol.5「夢」』
のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、ピアニストの長瀬賢弘さん でした。

ロシアの知られざる秀作をお届けするこのシリーズ。
ワタクシ、今回も本番の演奏を聞かせていただきました。
前回、前々回は、ゲストの方がいらっしゃいましたが、
今回は、有森先生と長瀬さんだけのコンサート。
出演者がお二人だけというのは、実は私にとって初だったので、なんだかとても新鮮でした。
お二人が良きパートナーとしてこのシリーズに取り組んでいるんだなぁ、
というのが感じられる、ステキなコンサートでしたよ。

スクリャービン:二台ピアノの為の幻想曲 イ短調 遺作
グラズノフ:二台ピアノの為の幻想曲 作品104
第1楽章 Moderato tranquillo
第2楽章 Scherzo Allegro
第3楽章 Moderato

マエフスキー:ガーシュインの歌による幻想曲
ルビンシテイン:二台ピアノの為の幻想曲 作品73
第1楽章 Lento – Allegro con fuoco
第2楽章 Moderato – Allegro vivace
第3楽章 Andante con moto

今回のタイトルは、「夢」。
有森先生と話し合いながら曲を選び、プログラムを構成した後、
“幻想曲”からのイメージで、「夢」と決めたそう。

しかし、この“幻想曲”というのがなかなかの曲者で・・・(笑)
決まった形式があるわけではなく、作風や形態は本当に幅広くて、
例えば、時代によってもそれが持つ意味合いが違っていたりするし、
「これまでで一番、確たるものを手にするのが大変でした。」と長瀬さん。

また、“幻想曲”について考えていくと、「自由」という言葉が透けて見えてくる、とのこと。
歌曲が主流だった時代から徐々に楽器が独立し、器楽曲が生まれていく頃には
「歌詞からの自由」。
リズムや拍節、テンポ、さらにはソナタなどの「形式からの自由」。
自らの演奏技術や発想力を表現することで、
それぞれの時代の音楽概念とも言える「つつましさからの自由」。
「自由」を考えることで逆に、その時代ごとの「束縛」が見えてくる、と。
足かせになること(もの)があるからこそ、人は自由を求める、ということでしょうか。
だからこそ、“幻想曲”という同じタイトルが付いていながら、
多種多様な味わいをもつ曲が生まれるのでしょうね。

長瀬さんが、
「緻密すぎて、今回のプログラムの中で一番!大変でした。」
と力を込めて(笑)言うのは、グラズノフの幻想曲。

アレクサンドル・グラズノフ(1865-1936)は、作曲家、教育者として精力的に活動し、
ペテルブルク音楽院の院長として、30年以上もその任にあたりました。
今回の曲は、穏やかで平和な曲に聞こえますが、
音の重なりや強弱、タイミングなどをどんなふうに考えているのかを
お互いに理解し合わないといけないけれども、そこに至るまでに時間がかかるそうで、
且つ、その中にも自由さがないと窮屈に聞こえてしまう、とのこと。
最初から最後まで緊張を強いられ、息つく暇もない、
たとえ世界最高峰と言われるピアニスト2人であっても、
1、2回合わせて本番、ではまず良い演奏にはならない、とも。

「この曲の良さが伝われば、今回のプログラムを組んだ甲斐があるし、
この努力が報われます。」

今回のプログラムを通して、あらためて“幻想曲”について深く考えたという長瀬さん。
「これから幻想曲を聞くときには、いつの時代の、どこの国の作曲家の曲か?も
一緒に考えてみると、違ったものが見えてきて面白いんじゃないでしょうか。」

様々な意味を持つ「夢」という言葉。
“幻想曲”もまた、幅広く懐の深い曲であることが感じられました。
音楽を聴く楽しみがまたひとつ、増えましたね。

長瀬さんの今後の出演予定はこちら。
「東京藝術大学ピアノ・シリーズ2017 音楽の至宝Vol.5 ピアノ・デュオの楽しみ」
11月5日(日)15:00~ 東京藝術大学奏楽堂にて
有森先生、昨年共演した秋元孝介さんも出演します。

「長瀬賢弘プロコフィエフを弾く プロコフィエフシリーズVol.4」
2018年3月30日(金) 東京・すみだトリフォニーホールにて

 

10月5日の「音楽会の夕べ」は、
8月2日(水)に、いわき市文化センター大ホールで行われました
『真夏の夜のオペラガラコンサート』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00
23:00-24:00(再放送)

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子と黒金久恵が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら