福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

<一部中継局放送障害のお知らせ>川前方面への通信回線の不具合が発生しているため、只今、川前中継局、小白井中継局、志田名中継局の受信エリアの放送が聞こえにくくなっております。現在、原因を調査しております。ご了承ください。

番組情報

音楽会の夕べ

2016.08.25 by 永井貴子
ITO MUSIC SCHOOL ピアノエレクトーンコンサート PART19

DSC_0537_350m

今夜は、7月3日(日)に、勿来市民会館大ホールで行われました
『ITO MUSIC SCHOOL ピアノエレクトーンコンサート PART19』のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、
小学6年の佐藤 瑠さん、滝内翔太くん、小吹歩生くん、中学1年の堀田千鶴さん、
そして、伊藤邦子先生 でした。

子どもたちのお父さん、お母さん、お姉ちゃん、妹ちゃんも遊びに来てくれましたよ(^^)
スタジオの外で、皆でワイワイしながら、子どもたちの様子を見守ってくださってました。
ありがとうございま~す!

2年に1度開かれているこのコンサート。
ソロ演奏あり、アンサンブルあり、ダンスコーナーありと内容盛りだくさんで、
出るのを楽しみにしている生徒さんも多いようです。
今回は会場が、先生や生徒さんたちの地元である勿来市民会館ということで、
大ホールの大きさもそれほど感じず、緊張せずに演奏できた子たちが多かったみたいだし、
おじいちゃんおばあちゃんも見に来てくれた子たちもいたそうで、
それも嬉しいことのひとつだったようです。
伊藤先生は、
「バルーンアートやお花でステージを飾ったり、
曲の雰囲気に合わせて照明や背景を変えたりして、演出を工夫しました。
子どもたちにとって、コンサートで演奏することが少しでも特別な経験になってほしくて。」
とおっしゃっていました。

コンサートはまず、ソロ演奏から。
「ポピュラー編」「クラシック編」に分け、
4歳のお子さんから大人の生徒さんまで、33名が出演しました。
瑠ちゃんは「クラシック編」で、『「くるみ割り人形」より花のワルツ』を、
千鶴ちゃんモーツァルトの『ソナタK331番より第3楽章』を演奏しました。

ピアノを始めてまだ8ヶ月の瑠ちゃん。
初めてのコンサートでしたが、緊張せずに演奏できたそうです。
クラシックバレエも習っていることから、
「バレエの振り付けを思い出しながら、優雅に弾けるように練習しました。」とのこと。
また、妹の玲ちゃんも、くるみ割り人形の『行進曲』を弾き、
「姉妹で『くるみ割り人形』を弾けて嬉しかったです。」と笑顔でした。

千鶴ちゃんは、伊藤先生の提案でモーツァルトを選曲しました。
「この曲は、シャープやフラットがたくさん付いていたり、
オクターブのところがあったりして、すごく難しかったけど、
丁寧に演奏できて良かったです。」
ピアノ演奏の技術だけでなく、楽典なども勉強しているそうで、
「将来は、ピアノの先生など音楽に関わる仕事がしたい。」と話してくれました。

アンサンブルには、兄弟、姉妹、友達同士の5組が出演。
翔太くん、歩生くんは、それぞれのソロの他に、2人で
『「カルメン」より闘牛士の行進』を演奏しました。

この2人、同じ学校でクラスも隣同士。すっごく仲良しです。
翔太くんが歩生くんを誘ってアンサンブルをすることになったみたいで、
「二人で曲のタイミングを合わせるのが難しかったけど、
レッスンの時間を近づけて、合わせの練習をしました。」と翔太くん。
歩生くんも、「本番がいちばん息がピッタリ合ってて、良かったです。」と嬉しそうでした。

4人は、ピアノの他にも習い事や得意なことがあって、
打ち合わせの時に、そのことをいっぱい話してくれましたよ。

瑠ちゃんがクラシックバレエを始めたのは、年中さんの頃から。
バレエの発表会では、今回演奏した『花のワルツ』を踊ったことがあるそうです。
次のコンサートでは、「さらに難しい曲に挑戦してみたいです。」と言ってたので、
中学生になっても、バレエもピアノも続けるのかな?(^^)

千鶴ちゃんも、学校では美術部に所属しています。
読書も好きだし、水泳も得意、とのこと。
芸術も文学もスポーツもできるなんて、ステキですね~♪

翔太くんもスゴイですよ~。
空手は黒帯、そろばんと暗算は有段者、陸上のハードルも得意で、
この夏にはお父さんに教えてもらって、サーフィンを始めたそう!
(お母さんに写真を見せてもらいましたが、しっかりサーファーしててカッコ良かった!)
中学では「陸上部に入りたい。」とのことですから、
次は、スポーツ番組でラジオ出演かも?!

歩生くんの趣味は、両生類やは虫類の観察。
特に、カエルやヘビが大好き(!)だそうで、ヘビを飼っていたことも。
「ヘビは目がカワイイ。手に巻きついてくると、ヒンヤリして気持ちいい。」
・・・ほほぅ~( ̄▽ ̄;)
ちなみに、夏休み中にも、ヘビを探して近所を歩き回ったそうです(笑)

伊藤先生は、
「年上の子が演奏した曲を聞いて『自分もやってみたい!』と言う小さい子がいたり、
次はもっと難しい曲をやってみたい!などの声を聞くと、
コンサートがとても良い刺激になってるな~と感じます。
また、ステージで上手に演奏できたことが大きな自信になって、
レッスンにも意欲的になっていることを実感できてうれしいです。」
と、コンサートに出ることの効果をこのように話してくださいました。

次回、2年後はいよいよ、20回の記念コンサート。
「何か特別な趣向ができれば・・・。」と、いろいろ考えてらっしゃるみたいなので、
子どもたち同様、私も楽しみにしてますね(^^)

 

9月1日の「音楽会の夕べ」は、
7月18日(月・祝)に、いわきアリオス大ホールで行われました
『2016 ハーモニーの喜びコンサート』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00
23:00-24:00(再放送)

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子と黒金久恵が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら