福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

FMいわきでは、ADアルバイトを募集しています。まずは、お電話でお問い合わせください。TEL  0246-25-0763 <9:30-18:00>

番組審議会

番組審議会

2013.03.22 
「第98回番組審議会」について

番組審議会開催

内 容  :「第98回番組審議会」
開催日時 :平成25年5月13日 月曜日 18時30分より
場 所  :いわきワシントンホテル椿山荘 (平一丁目1 TEL 35-3000)

審議番組

東京都交響楽団×SEAWAVE FMいわきプレゼンツ!
「ボクとわたしとオーケストラ」〜音の輪でつながろう2013

本放送 平成25年3月20日(水)13:00〜14:30
再放送 平成25年3月24日(日)13:00〜14:30
ナビゲーター:田子幸恵、ベティ

2月28日に行われた東京都と東京都交響楽団がいわきの子供たちを音楽で励まそうと企画したコンサート、第2回東京都交響楽団×SEA WAVE FMいわきプレゼンツ!「ボクとわたしとオーケストラ」〜音の輪でつながろう2013〜の内容を軸に制作。趣旨はナレーションで紹介し、主催者(東京都交響楽団とFMいわき)、楽団員、コンサートを聴いた子供たちの想いは、インタビューの中から聴いている皆さんに伝わるように構成。

審議内容

・90分があっと云う間だった。
・この子供達の未来のための復興であるということを改めて認識できた。素晴らしい事業であった。
・小学生と中学生の合唱は大いに異なり、それぞれに感動があった。2つの番組に分けてもよかったのではないか。
・インタビュー間に同じような「つなぎ言葉」がつづき、単調で気になった。
・オーケストラをバックに歌うという経験は、子供達の心に残ったのではないか。
・小規模の学校の子供達は、大勢で歌うといういい経験になったのではないか。
・事情の分からないリスナーが聴いてどこまで理解できただろうかという疑問が残る。
・マクルーハンのメディア論が頭をよぎった。ドキュメンタリー的な部分が多く、非常にテレビ的であり、ラジオというメディアの限界を感じた。それに対し、演奏部分はラジオの真骨頂である。たとえば演奏の番組とインタビュー的な番組の2本立てというのはアイデアの一つであったかもしれない。