福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

いわき市が実施する、市の地域イントラネット光ケーブル切替工事に伴い石住中継局の放送エリアで、平成29年5月1日(月)11:30~12:30の間、放送をお休みさせていただきます。

 

番組審議会

番組審議会

2014.11.01 
「第107回番組審議会」について

番組審議会開催

内 容  :「第107回番組審議会」
開催日時 :平成26年10月21日 火曜日 18時30分より
場 所  :いわきワシントンホテル椿山荘  (平一丁目1 TEL 37-8888)

審議番組

番組名:ラジオのまなざし

放送日:毎月第一日曜日 15時00分〜16時00分(1時間番組)
ナビゲーター:9月7日放送分-ベティ、10月5日放送分-田子幸恵

番組内容
東日本大震災から3年が経過しました。
被災地では、いま復興に向けて様々な分野で歩みを進めています。
震災を乗り越えようと立ち上がった方は、何をきっかけにどういった取り組みをしているのか。
この番組では、そんな皆さんをご紹介し、いわき市はもちろん被災地の早い復興を願う番組です。

審議内容

【福島高専の回についてのご意見】
・ベティさんと学生の見事な掛け合いが良かった。
・こちらが聞きたい事を聞いてくれていたので良かった。
・このような学生がいわきにいる事がわかり良かったと思う。
・ロボットの優勝にこだわりすぎたように思う。復興の内容につながればもっと良かったと思う。
・番組冒頭の説明ナレーションから、本編での内容の入りに違和感を感じた。
・番組内の曲は良かったが、曲紹介があれば良かったと思う。
・番組の完成度は高たったと思う。
・高校生の言葉遣いについては、放送の範囲内であると思う。若干の間延び感もあるが番組として良い作りだと思う。
・取材については、優勝した後だったので後手という感じであった。

【ハイスクールサミットの回についてのご意見】
・話し手の声は聞きやすかった。
・さまざまな角度からの発表を聞けてよかったが、もうちょっとわかり易くしてほしかった。
・発表としての内容と番組の内容をわけて考えなくてはならなかったので難しかったと思う。発表した学生のインタビューは、発表後ではなく発表の前に聞きたかった。(どこの高校生が発表するかわかったうえで聞いた方がよかった)
・ハイスクールサミットの主旨がわかりづらかった。冒頭部分や、最後の西本代表のインタビュー部分でも主旨を説明した方が良かったと思う。
・構成が単調だったので間延び感があったように思う。
・どこの高校生が発表するのか事前にわかれば良かったと思う。
・高校生の発表トークでは未完成の部分もあり、素材的に荒くラジオ番組では非常に難しいと感じた。
・スポット的に、他県から来た学生のインタビューをもっと取り入れた方が良かったと思う。
・主旨説明やインタビューをふくめ、内容がもっとわかりやすく伝わるような構成が必要だと感じた。