福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

FMいわきでは、ADアルバイトを募集しています。まずは、お電話でお問い合わせください。TEL  0246-25-0763 <9:30-18:00>

テーマブログ

ラジピタリティ EVENING

2016.11.02 by 古川佳治
11月2日(水)思い出のカセットテープ

人気ふたたび!

11月、辺りはすっかり色づきを増し、朝晩も冷え込んできましたね・・・。でも、日中は穏やかな日差しの下、イベントやスポーツなどで盛り上がっていることと思います。ドライブなども楽しい季節ですよね。

「ドライブのお供」といえば、素敵な音楽もいいですね!助手席には「大切な人!?」を乗せて、カーステレオから流れてくるゴキゲンな音楽・・・。ドライブの前日に作ったカセットテープをセットし、いざ出発!なんて、そんな青春時代を謳歌された方も多いのではないでしょうか?

そう、ここのところご無沙汰している「カセットテープ」ですが、気軽に録音できる媒体として昭和50年代から平成初期にかけて一世風靡しましたよね!それが今、再び人気が出てきているそうです。

皆さんはカセットテープをどんな時に使っていましたか?「レンタルレコード・CD店」で好きなレコードやCDを借りてきて、自宅のラジカセでダビング。ドライブはもちろん、アウトドアや学校の休み時間などには「ウォークマン」でおなじみのヘッドフォンステレオで、恋人同士で片耳ずつ聴いたなんて・・・甘酸っぱい青春の日々ですね。

音楽だけではありませんね。勉強のシーンでも役立ちます。国語や英語の朗読など、自分の声を録音して何度も聴いて耳から覚えるのも、カセットテープの大きな役割です。でも、最初に自分の声がスピーカーから出てきたときの「違和感」は、恥ずかしいものがありましたね・・・。「あれ、自分の声ってこんな変なの?」なんて思い出もあるでしょう。

深夜ラジオを録音したり、ビデオがまだ高価だった時代にテレビの「ベストテン」「トップテン」などランキング番組を、ラジカセをテレビに近づけて録音すると、近くにいるお父さんやお母さん、兄弟などの声が入っちゃって「静かにして!」なんて悲痛な叫びも懐かしい思い出です。

あの温かみある音が見直されているカセットテープについて、あなたの思い出や、今でも重宝して使っている方、どんな使い方をしていた・・・など、エピソード、お待ちいたしております。

 

メッセージは、こちらから

 

 

今でも現役!

DSC_1655

DSC_1655

DSC_1656

DSC_1656

我が家のオーディオの中でまだ現役の

カセットデッキ。上のCDプレーヤーからCDを

録音できますし、画像にはありませんが、

レコードプレーヤーやFM/AMチューナーとも

繋ぎ、それらを録音できます。

ただ、今はほぼ「オブジェ」と化しています・・・。

高校時代からラジオやCDを録音しまくっていた

カセットテープ。今の仕事に就いても、ゲストの

皆さんに放送された同録テープをお渡ししたもの

でした。