福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

オーケストラの感動を、福島の子どもたちに届けたい!「第9回ボクとわたしとオーケストラ~音の輪でつながろう♪」クラウドファンディングにご支援をお願いします。

テーマブログ

ラジピタリティ EVENING

2016.07.20 by 古川佳治
7月20日(水)夏の夜空をながめてみよう!

真夏のアツい夜は・・・。

いよいよやってきた「いわきのアツい夏!2016」いわきの夏は自然がいっぱい!

昼間は太平洋の大海原を望む海岸道路をドライブしつつ、浜辺に停めて砂浜を散策すると、心地良い海風を感じることができます。山の緑もいっそう深みを増し、木々を吹き抜ける風も爽やかで、思わず深呼吸したくなります。

一方、昼間の暑さをしのぐには、夕涼みから夜にかけても素敵なひとときにさせてくれますよね。

市内各地で開催される夏祭り・・・。踊りや花火などは華やかな夏の夜を彩りますが、祭りの後に家へ帰る道すがら「一抹の寂しさ」もありますよね。浴衣を羽織って夜店で買ったかき氷や金魚などを持ちながら夜空を見上げると「キラッ」と一筋の流れ星も発見できるかもしれませんね。

南の空には夏の代表的な星座「さそり座」と、その右側には今年は地球からの距離も近い「火星」もあり、さそり座の心臓部分の星「アンタレス」と火星の「両方の赤い星」が見えることと思います。さそり座の左側には「土星」も見えるはずです。

そして真上には「ベガ」と「アルタイル」、つまり「織姫」と「彦星」が天の川を挟んで両岸で見つめ合っている星の姿を見ることができるでしょう。

満月前後の月・・・。特に夏は、太陽とは逆に低い高度で昇っているのがわかります。雲の切れ間から低い位置でボーっと黄色く輝くのも、夏ならではの月夜の光景です。

暑さしのぎに眺める夜空・・・あなたはどんな時に夏の月や星を見ますか?夜の浜辺で波音に耳を傾けながらの星空、忙しい仕事が終わって家路に着いたときに眺めた星空、花火の向こうに輝く月や星など、夏だからこその夜空を見上げた時の思い出やエピソードなど、お待ちいたしております。

 

☆メッセージは、こちらから

 

いいですね!海。

いわきの海はふるさとの誇りですが、いわき周辺の海岸も魅力満載です。

海開きを前に、いわきからの帰りである14日(木)に、

茨城県日立市の「伊師浜海水浴場」へ立ち寄ったときの光景です。

海水浴場にはつきものの「海の家」が、開店を今か今かと待っているところ。

ここから北に目を向けると、いわきにつながる海岸線が連なっています。

160714 ishihama-02

 

 

 

 

 

 

160714 ishihama-03