福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

オーケストラの感動を、福島の子どもたちに届けたい!「第9回ボクとわたしとオーケストラ~音の輪でつながろう♪」クラウドファンディングにご支援をお願いします。

アーカイブ

市民レポーターわがまち発信隊

2019.10.05 
10月5日(土)劇団いわき小劇場 創立50周年記念公演のおはなし(by.水品修)

劇団いわき小劇場 創立50周年記念公演のおはなし

私が所属する劇団いわき小劇場もお陰様で今年で創立50周年を迎えることができました。
今迄いただいた多くのみなさまのご支援に、あらためて感謝申し上げます。

その50周年記念公演として、11月16日(土)・17日(日)
山田太一作「林の中のナポリというお芝居を上演いたします。

1012水品

あらすじ

スキー場もなく 冬場は客足が途絶えてしまう
高原のペンション。

どこか陰気で 接客が下手な主人にも
原因があるようです。

ある雪の夜、
離婚してペンションを手伝う娘が
宿を探す老女と駅で偶然出会い、
客として連れてきます。

連泊してくれる久々の客に
喜ぶペンション経営の夫婦と娘。

ところが、
世界中を旅して来たように話す
老女の言葉の裏には何か秘密があるようです。

そして、老女と陰気な主人には、
遠い過去の記憶が・・・


ご覧いただいたお客様にホッコリと温まっていただきたいと 只今稽古に励んでおります。
みなさまどうぞお出かけくださいませ、劇団員一同心よりお待ち申し上げております。

さて、演劇公演の詳しい情報は来月担当のサタプラの放送でご案内させて頂くとして、
この特派員レポートでは、
わが劇団が演劇公演を迎えるまでの経緯などについてお話させていただきます。

アマチュア劇団といえども演劇を上演する場合は、
作者または関係団体に上演許可をお願いします。

もちろんそこには著作権料が発生します。音楽を使用した場合も同じです。

劇団いわき小劇場は過去3回、山田太一先生の作品を上演していますが、
3回共に、山田先生から「自分の作品を取り上げてくれたことに感謝する、著作権料はいらない」
との言葉を添えて快諾をいただいています。

今回も、病気のため不自由な身体で言葉もままならないなか、
「林の中のナポリ」を上演作品としたことへの
感謝の想いの詰まった短い手紙をいただきました・・・。

11月の公演に向けて、公演本番までにどんな準備をしているのか?
などの裏話を中心にお話させて頂きます。


福島県芸術祭参加行事
いわき市民文化祭主催行事 演劇の部発表会

劇団いわき小劇場 創立50周年記念公演
山田太一作 「林の中のナポリ」

日時:
11月16日(土)①13:30 ②18:30
11月17日(日)③13:30(開場は各30分前)

会場:
いわき芸術文化交流館アリオス 小劇場

料金:
一般1,000円 高校生以下500円( 当日は各200円増し)
※未就学児入場不可

お申し込み:
アリオスチケットセンター 電話0246-22-5800
劇団員 松本       電話0246-31-0052
劇団員 蛭田       電話090-8782-3479
劇団いわき小劇場の劇団員・いわき演劇鑑賞会事務局