福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

FMいわきでは、ADアルバイトを募集しています。まずは、お電話でお問い合わせください。TEL  0246-25-0763 <9:30-18:00>

アーカイブ

市民レポーターわがまち発信隊

2017.11.12 by 西川 ゆう
11月11日(土)西川ゆうの「楽しい子育て」第8回

第8回「難しくない絵本の選び方」

お母さま方、絵本選び大変ですか?
小さなお子さんの為に、どのような絵本が良いんだろうって迷ってしまいますよね?
だからと言って、自分の好みで選んだ絵本が、
お子さんが喜んで読んでくれる、楽しんでくれるとは限りません。

ここで少し、お母さま方の絵本選びのヒントになれば良いかなぁと思う
幾つかの絵本をあげてみますね。

まず、0~1歳児向け
「じゃあじゃあびりびり」
「もこもこもこ」
「がたんがたん」
「だるまさんが」
「おつきさま こんばんは」
「いないないばあ」
これらの絵本は、リズムや言葉の繰り返しで、
小さなお子さんはママの声や言葉を聞きながら絵本を楽しんでくれるので、
玩具の手段と思ってご一緒に楽しんで欲しいですね~。

次に2~3歳児向けには
「ねないこだれだ」
「おおきなかぶ」
「どうすればいいのかな?」
「三匹のやぎのがらがらどん」
これらの絵本は、これからどうなるんだろう、、と想像力を膨らませてくれます。
2、3歳の頃の子供たちは、たくさん言葉を覚えます。
何回も何回も繰り返し、読んで!とリクエストされるかもしれません。
何回も読むうちに、言葉を呪文のように覚えて暗記する程です。
またぁ?と言いたくなるママの気持ちは分かりますが、
どうぞ、お子さんのリクエストに飽きるほど答えてあげてくださいね。

最後に4歳からの幼児向けには、
「ぐるんぱのようちえん」
「しょうぼうしゃじぷた」
「イソップ童話」など、物語絵本を選びたいです。
ただ、名作昔話などと、安価でキャラクター化された絵のものは良くありません。
想像力が途切れて飽きやすいです。
図書館や本屋さんに足を運んでください。

お子さんが何回も繰り返し選んだ絵本が、きっと一生の宝物になるはずです。

by. 西川ゆう