福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

FMいわきでは、ADアルバイトを募集しています。まずは、お電話でお問い合わせください。TEL  0246-25-0763 <9:30-18:00>

アーカイブ

市民レポーターわがまち発信隊

2014.07.12 
双葉町の学校の完成が近づいてきています。 (by 錦町のたっく)

車・双葉の学校%20054[2].jpg

錦町熊野神社のとなり、以前、錦星幼稚園があったところに、双葉町の幼稚園・小学校・中学校校舎の建築が今、急ピッチで進められています。

写真は最近の様子ですが、完成まであと一息というところでしょうか。

新しい校舎に引っ越すまでの間ということで、双葉町の学校の皆さんは現在錦町の銀行の出張所で過ごしています。

学校はふたば幼稚園、双葉南小学校、双葉北小学校、双葉中学校と3種4校が合同で入っており、子どもは幼稚園2人、小学校5人、中学校8人とのことです。

一つの大きな部屋を仕切って先生たちの職員室と、お互いにちょっと離れて各学年のコーナーがあります。パネルなどはありますが、勉強中の他学年の姿が見える形です。

2階の中学校部分も同じとのことです。

そんな学校の校長先生たちに錦町に来られての感想をうかがいました。

-錦町に引っ越して来られて、どんな印象をもたれましたか?

「地域の皆さんがとても温かく迎えてくださったので私たちも励まされました。子どもたちが外へ出ると近所の方たちが声をかけて下さるんです。ありがたいことです。地域の方たちと交流しながらすごしています。」

-現在の銀行の出張所は大変狭いのですが授業などで苦労はありませんか?

「私たちもはじめはそれが心配でした。狭いスペースで他の学年が音楽などで楽器を演奏しているときすぐ近くで違う教科をしているわけですから子どもが気が散るのではないかと思ったのです。意外と集中して勉強できています。体育などは近くのクレハグラウンドで行っています。新校舎の体育館ができるまで、1学期は外での体育の授業を中心に行うなど授業計画の工夫をしています。水泳の授業は中学生はゆったり館を、小学生は市民プールを利用しています。」

-子どもさんたちの様子はどうですか?

「学校でもそうですが、保護者の皆さんからも毎日楽しく学校へ行っている、落ち着いて生活していると聞いています。」

-学校の引越しなど今後どのような予定ですか?

「8月半ばに引越しをして2学期は新校舎でスタートする予定です。」

お忙しい中、小学校中学校の3人の校長先生たちにお話をうかがいました。

ありがとうございました。

(by錦町のたっく)