福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

FMいわきでは、ADアルバイトを募集しています。まずは、お電話でお問い合わせください。TEL  0246-25-0763 <9:30-18:00>

アーカイブ

市民レポーターわがまち発信隊

2014.09.01 
FUKUSHIMA Art point iwaki 芸術祭「玄玄天」 (by ひなた)

IMG_20140829_180121[1].jpg

Art point iwaki 芸術祭「玄玄天」gengenten~人と人の想いをつなぎ、今のいわきを未来へつなぐ芸術祭~が、平で開催されています。

会場は、もりたか屋・坂本紙店・いわき駅ビル・LATOV・La Stanzaの各施設に分かれており、28組のアーティストの個性豊かな作品が各会場の雰囲気に合わせて展示されていて、どのフロアも感性に染まっていて、とても見ごたえがありました。

私が最初に訪れた もりたか屋さんが総合的な窓口になっていたようで、各展示会場の流れを丁寧に教えて頂けました。

この芸術祭の「玄玄天」gengentenというタイトルは、小川町出身の草野心平氏が書いた詩集『幻影』の中からとったそうです。頂いたパンフレットには、その美しい詩が書かれていました。

「ひろいひろい大空にはだんだんがある。空気天。透明天。青天。玄天。玄玄天。即ち深い八方天・・・(以下省略)」

memo:
「玄玄天」の意味が分からなかったので、辞書で調べたところ・・・
【玄】は、きわめて奥深いこと。深くはかり知れないさま。
【玄天】は、北方の天。また、天および天にある太陽・月・星。という意味で 、
玄玄天とは、きわめて奥深い…手の届かないような、天にあるモノのことを指す言葉だと知りました。

草野心平が見上げた、どこまでも広く深く広がる大空を 今の私たちも見上げていて、この先の未来の誰かも見上げる同じ空に、それぞれの想いをたくした芸術祭が、ここいわき市で開催されていることを、感慨深く思いました。

今日は晴れた青空でしたが、雨の日や曇りの日でも見てみたくなる・・・さまざまな表情を持つ作品たちを、是非 多くの方々にも見て頂きたいです。私もまた、会期中に ふらっと足を運んでみたいと思います♪

◎開催期間は、2014年8月23日~9月21日まで
◎入場は、無料
◎会期中無休
◎芸術祭「玄玄天」HP→こちら

(by ひなた)

DSC_2275[1].jpg

20140830.jpg