福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR

番組情報

音楽会の夕べ

2016.07.21 by 永井貴子
ピティナ ピアノステップ いわき地区

DSC_0499_350m

今夜は、6月19日(日)に、いわきアリオス音楽小ホールで行われました
『ピティナ ピアノステップ いわき地区』のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、
ピティナいわきステーション代表の細渕裕子先生、
青柳仁美先生、
小学3年の高木璃子さん、小学6年の青柳真愛さん、杉田奈心さん でした。

ピティナ(PTNA)は、英語名:The Piano Teachers’ National Association of Japan、
全日本ピアノ指導者協会の略称です。
ピアノを中心とする音楽指導者が所属する団体で、会員数はおよそ15,000人にのぼるそう。
「ピアノステップ」は、毎週のように全国各地で開催されている公開のステージ。
日本全国どの会場のステップでも参加でき、
アドバイザーと呼ばれる先生方から、手書きの講評でアドバイスをいただけるのが特徴です。

1966年に発足したピティナは、今年50周年を迎え、
コンクールにあたる「コンペティション」は40周年、「ピアノステップ」は20周年と、
今年は節目の年にあたっています。

そんな中、11回目となる今回のいわき地区のステップには、
いわきを中心に、会津や喜多方、郡山などから、
子どもから大人まで、これまでで最も多い99組!が参加しました。
アドバイザーには、泉ゆりの先生、岡井直子先生、高橋 悦先生の3名をお迎えし、
ゆりの先生には「トークコンサート」も行っていただきました。

今回初めて参加した璃子ちゃん、
「前の日からとっても緊張してたけど、私にとって一番上手にできました!」
と、嬉しそうに話してくれました。
璃子ちゃんは青柳先生の生徒さんで、5歳の時にお友達に誘われてピアノを始めたそうです。
初めてピアノを弾いた時は「楽しくて続けたい!って思いました。」とのことで、
音楽も、音楽の授業も好き~♪と笑顔を見せてくれました。

奈心ちゃんも青柳先生の生徒さん。
幼稚園の年中さんからピアノを始め、最初のステップは年長さんの時、
今回が6回目のステップです。
青柳先生によると、奈心ちゃんは
「楽しい生徒さん。レベル高く曲を仕上げてくれます。」だそうです。
毎回のレッスンは楽しいと言う奈心ちゃん。
「本番は緊張してパニックでよく覚えてないくらいだけど、気持ちよく弾けました。」

真愛ちゃんは、4回目のステップ。
「大好きな曲『子犬のワルツ』を弾きたいと思って・・・」小学1年からピアノを始めたそうです。
この3月には、小学校の卒業式でピアノ伴奏をしたそうで、
そのことがとっても楽しく、嬉しかったみたい。
「合唱の伴奏もしてみたいです。」と話してくれました。

そして、ゆりの先生によるトークコンサート。
短い時間ながら、お話を交えて、5曲を披露してくださいました。
「タッチが素晴らしい!」「超絶技巧!」「指導者でもなかなかマネできない!」
「大変なテクニックだけど、さりげなくやってしまうのがスゴイ!!」
などなど、細渕先生も手放しで称賛するすばらしい演奏!
真愛ちゃんも真愛ちゃんのお母さんも、
「鳥肌が立つような演奏でした。間近で聞けてよかったです!」とのことで、
私も思わず、「コレ、10本の指で弾いてるんですよね?!」と聞いてしまい、
細渕先生に笑われてしまいました(笑)

青柳先生は、
「譜読みとか大変だなと思うこともあるでしょうけど、
弾けるようになった時の楽しさは格別!
また、ピアノステップを通して、人前に立つ経験もしてほしいです。」
細渕先生は、
「子どもたちは部活やクラブ活動などで忙しい中でも、
大人も年齢に関係なくいくつになっても、ピアノを楽しんで、長く続けてほしいです。」

自分の実力やレッスンのペースに合わせて参加できるピアノステップ。
ステージに立つ喜びや、先生方からの講評を励みに、
これからも、ピアノのある生活を楽しんでほしいと思います(^^)

 

7月28日の「音楽会の夕べ」は、
6月19日(日)に、産業創造館企画展示ホールで行われました
『いわきビッグバンドジャズフェス2016』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00 (再放送)23:00-24:00

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら