福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

台風19号および10月25日の 大雨関連情報は、こちらをご覧ください。

番組情報

音楽会の夕べ

2019.12.05 by 永井貴子
12月5日(木)又吉佑美ソプラノリサイタル

IMG_2601
今夜は、10月27日(日)に、アートスペースエリコーナで行われました
『又吉佑美ソプラノリサイタル』のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、
ソプラノの又吉佑美さん、エリコーナ主宰の中川素直さん でした。

又吉さんと番組でお会いするのは初めて、と思っていましたが、
実が中学生?高校生?の時に素直先生と一緒に来てくださっていたことが判明!
まぁ大きくなって~~・・・という気持ちになりました(笑)

今回が初めてのリサイタルだった又吉さん、
「皆さんが私の歌を聞きに来てくださる・・・という重圧と責任を強く感じました。
こんなに真剣に歌と向か合う時間はこれまでになかったほど。
貴重な経験でしたし、勉強になりました」
素直先生は「早くリサイタルをやりなさい、とずっと言ってきた」ということで、
「ひとりでこれだけの歌をやるのは大変だっただろう、と。成長したなぁと思いました」
と目を細めていました。

初リサイタルということは、プログラムをひとりで考えるのも初めて。
「大変でした。とても迷いました」とのことでしたが、
「より多くの方に喜んでもらえるようなプログラムを心がけました」ということで、
前半はモーツァルトやヘンデルなどのオペラを中心に、
後半は日本歌曲やミュージカルなどと、多彩な内容となりました。

オペラのアリアも良かったですが、日本歌曲の「宵待草」や「初恋」、
『レ・ミゼラブル』の「夢やぶれて」も、ワタシ的にお気に入り。
「さびしいカシの木」(やなせたかし作詞/木下牧子作曲 歌曲集「愛する歌」より)では
涙を流しながら聞いているお客さまもいらしたそうです。

又吉さん、高音がとても美しいんですよね~。
ソプラノなので当然と言えばそうかもしれませんが、伸びやかで耳に心地よい声質で、
且つ、素直先生もおっしゃっていたことなのですが、
音程が安定しているので高い音も安心して聞ける感じがするんですよね。
番組中もウットリと聞いちゃいました。

私が(大人の)又吉さんの歌を初めて聞いたのは4年ほど前になるんですが、
その時も、あぁキレイな高音だな~と思ったことを思い出しました。
(ちなみに、その時はピアノや管楽器の4人でのコンサートだったんですが、
又吉さんがいわきで歌を披露した初めてのステージだったそう。
2つの“初めて”を聞くことができて、何だかちょっと嬉しいです~)

又吉さんは5歳からピアノを始め、声楽は16歳から。声楽専攻に転向したのは大学入学後だそう。
とは言え、勿論ピアノをやめたわけではなく、
今回のリサイタルでもアンコールでピアノ演奏を披露、お客さまからも好評だったそうです。

 

番組中ずっとハンカチを握って、「歌うより緊張するかも・・・」とも言っていた又吉さん。
番組は数をこなせば慣れる(笑)と思いますので、
またいわきでリサイタルをして、ゲストにいらしてください!お待ちしております(^^)

 

12月12日の「音楽会の夕べ」は、
11月4日(月・祝)に、いわきアリオス大リハーサル室で行われました
『ぷちあん集い 2019』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00 (再放送)23:00-24:00

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら