福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

あなたも番組に参加してみませんか。番組テーマはテーマカレンダーでチェック!メッセージ&リクエスト どんどんお寄せください。

番組情報

音楽会の夕べ

2018.04.12 by 永井貴子
4月12日(木)心にとどけ 復興和太鼓コンサート2018

DSC_0928
今夜は、2月18日(日)に、いわきアリオス中劇場で行われました
『心にとどけ 復興和太鼓コンサート2018』のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、
心にとどけ実行委員会委員長の石井知香子さん、
開催セレモニーのボーカル、佐藤 瞳さん、一打の会仁風の鈴木祐利子さん、
一打の会木蓮組の鈴木加奈江さん、一打の会チル打れんの斎藤由紀さん、勇気くん親子、
十和奏壱鼓の室谷優子さん でした。

市内で活動する和太鼓グループ・一打の会が中心となり、
プロ奏者なども迎えて開催しているこのコンサート。
2月のお楽しみとしてすっかり定着したようで、今回も大勢のお客様が詰めかけました。
実行委員長の知香子さんは、
「とっても幸せで、満足!満足!の出来でした!」と笑顔でおっしゃっていましたよ。

今回出演したのは、市内の7チームとゲスト演奏の川俣町・山木屋太鼓。
さらに、プロ和太鼓奏者の林田ひろゆき&ZI-PANGがスペシャルゲストとして登場しました。
また、演奏の間に行われた「開催セレモニー」では、
常勝院住職の横山智俊さんによる声明と、瞳さんによる歌「ジュピター」が披露されました。
コンサートでやろうとしていることを言葉で表現する場として設けられている開催セレモニーを
より印象的なものにしたくて、一打の会会長の石井光義さんが
「誰かに『ジュピター』を歌ってもらおう!」と言い出した(笑)ことから、
回りまわって瞳さんが歌うことになったそう。
「お話をいただいて即快諾しました!」という瞳さんの歌声は、光義さんのイメージにピッタリ!
歌詞の内容とも相まって、コンサートをより盛り上げていました!

『若葉台保育園』『愛宕保育園』
最初に登場したのは、2つの保育園の年長さんたち。
コンサート本番の2月と言えば、卒園式が近く何かと落ち着かない時期のため、
「大変な時期なのに、最後までしっかり頑張ってくれました~。」と知香子さん。
元気なかけ声とともに、息の合った演奏を聞かせてくれました。

『一打の会チル打れん』『一打の会つばさ』
親子で和太鼓を演奏するのがチル打れん、
チル打れんの中で、より高度な演奏をしたいという高学年メンバーのチームがつばさです。
小学2年生の勇気くんは、「本番の舞台に出られることが楽しい」そうで、今回も
「ワクワクして、きんちょうはしませんでした。一生けん命できました!」とのこと。
お母さんの由紀さんも「楽しくできました!」ということで、
親子そろって、本番に強いタイプ、なのかも??いいですね~(^^)

『一打の会仁風』
昨年4月より「風凛(ふわり)」から改名し、ますます熱い演奏を披露している仁風(じんぷう)。
「みんなやる気に満ち溢れてるよね~!」と知香子さん。
ここで太鼓を叩いて4年、という祐利子さんは、
「仁風は一打の会のトップチーム。曲もレベルアップしてるので、一生懸命練習してます。」
コンサートの出来については、「99.9!まだ伸びしろあるぞ!ということで。」
なるほど、カッコイイ~!

『一打の会木蓮組』
「本番は緊張もしたけど、笑顔で舞台に出ることができました。」と加奈江さん。
加奈江さんが思う木蓮組は、
「何かトラブルがあっても、心はひとつ!なので、それをちゃんと乗り越えられる力がある」
チームなんだそう。ステキ~!

『十和奏壱鼓』
出演したチームの中で平均年齢が最も高い(!?)という十和奏壱鼓にあって、
室谷さんは今回が初コンサート。
「すごく緊張したけど、皆と一緒にできたことが良かったです。」
元々別の和太鼓グループでやっていた室谷さん。
壱鼓の演奏を見て「入れてください!」と声をかけたそう。良いチーム見つけましたね~(^^)

『山木屋太鼓』
テレビなどでも報道され、今や有名になった山木屋太鼓は、昨年に続いて2度目の登場です。
「リズムが独特。ステキなリズムの構成なんですよね~。」と知香子さん。
お客様からも「聞けてよかった!」と好評だったそうです。

そして、スペシャルゲストの『林田ひろゆき&ZI-PANG』。
日本を代表するソロ和太鼓奏者のひとりで、『かつぎ桶太鼓』の第一人者・林田ひろゆきさん。
その林田さんが総合プロデュースする和太鼓ユニットが、ZI-PANGです。
ZI-PANGのメンバーは、それぞれが様々なフィールドでソロ活動を展開しており、
国内外のフェスやイベントなどにも招かれ、高い評価を受けています。

今回は林田さんご本人にはお越しいただけませんでしたが、
北海道や愛知などから7名がZI-PANGとして集結、圧巻の演奏を披露してくださいました。
加奈江さん、「迫力があって、素晴らしかったです!」
祐利子さんも「お客さんも巻き込んで盛り上げてくれて、何より本人たちが楽しそうに叩いてて、
さすがプロ!って感じでした!」などなど、
皆さん、当日のようすを思い出しても興奮する!って感じで話してくださいました。
この日は、17歳の女子高校生がZI-PANGとしてデビューした日であったり、
逆に、この舞台がユニットとしては最後の舞台、という方もいらしたそうで、
何だか、奇跡のような特別なステージだったようです。
そんな場面に立ち会えた会場のお客様、良かったですね!!

知香子さんは「和太鼓はバチで叩けば音が出ますから。」とおっしゃってましたが、
たしかに、叩けば音が出る、言ったら単純な仕組みの楽器ですよね。
でもそれだけに、奥が深いし、その奥をのぞこうとしてハマっていくのかもしれませんね(^^)

次回は、来年2月17日(日)。この興奮をぜひ会場で!

 

4月19日の「音楽会の夕べ」は、
2月24日(土)に、いわきアリオス音楽小ホールで行われました
『弥平四郎アンパンヤブラスアンサンブルアカデミー 子アンパン
トロンボーン四重奏 10thコンサート』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00
23:00-24:00(再放送)

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子と黒金久恵が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら