福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

台風19号および10月25日の 大雨関連情報は、こちらをご覧ください。

番組情報

音楽会の夕べ

2020.06.25 by 永井貴子
6月25日(木)福島県立湯本高等学校合唱部 第37回定期演奏会

IMG_3726
今週も先週に続き、
昨年7月15日(月・海の日)に、いわき市文化センター大ホールで行われました
『福島県立湯本高等学校合唱部 第37回定期演奏会』をお送りました。

今夜は、第4部賛助団体による合同ステージをご紹介しました。
また、合唱部部長の3年、水澤梨里花さんにお電話でお話を伺いました。
(水澤さん、昨年も出演してくれてるんです。またお話しできて嬉しかったです~。)

市内を中心に活動する女声合唱団、コールフロイデとは
「さよならの向こう側」「木綿のハンカチーフ」の2曲、
磐城桜が丘といわき光洋の合唱部とは、作詞・宮沢賢治、作曲・鈴木輝昭の
「無伴奏女声合唱のための組曲『星翠譜』」より
「IV 南天の蠍よ もしなれ・・・」「V 双子座のあわきひかりは・・・」を
それぞれ合同で演奏しました。

「星翠譜」は、桜が丘と光洋との合同チーム「Iwaki Youth Choir『Kaui』」として
昨年度の合唱コンクール大学ユースの部で歌った曲。
東北大会で銀賞を受賞した、思い出の曲ですね。
大会を振り返ってみて、水澤さん、
「3校で一緒に練習する時間があまりとれなかったので不安でしたが、
初めての東北大会で銀賞を受賞できてほんとに嬉しかったです」

東京の私立男子校、暁星中学高等学校合唱部による単独ステージと合同演奏もありました。
合同で歌ったのは、
「さくらももこの詩による無伴奏混声合唱曲集『ぜんぶ ここに』」より「ぜんぶ」。
難しいことがを使っているわけではないのに深みがあって、
メロディーもあたたかくて、良い曲ですね。

学校生活は休校前と変わらず送ることができている一方、部活動は思うようにできない現状で
水澤さんがどんなことを思っているのか聞いてみました。
「3年生ということで最後の年なので、部活の時間を有効に使いたい。
後輩たちに今までの経験やアドバイスを教えて、伝えていきたいです」

水澤さんも、先輩たちからいろんなことを教えてもらって伝えてもらったんでしょうね。
そうやって合唱部をつないできたから、水澤さんたちもつないでいく。
たとえ自分たちが歌えない状況でも。
・・・水澤さん、なんてイイ子なの~~~!

 

7月2日の「音楽会の夕べ」は、
昨年7月24日(水)に、いわきアリオス大ホールで行われました
『オペラ「コジ・ファン・トゥッテ」』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00 (再放送)23:00-24:00

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら