福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

台風19号および10月25日の 大雨関連情報は、こちらをご覧ください。

番組情報

スマイルいわき情報局

2020.09.17 by 飛田国洋
9月17日(木)スマイルいわき情報局(あいな・番内調査員)

💛スマイルいわき情報局💛 (*^-^*)

1600346647006

志賀塗装でウイルス退治!!

やる気いっぱい 愛いっぱい!調査員あいなです♪

今回調査したのは、こちら!!

2月オープンの中古住宅専門店わが家!

2月オープンの中古住宅専門店わが家!

志賀塗装株式会社です。
店舗は小名浜字小湊にある本店、平正月町の平支店
そして、2月にオープンした中古住宅専門店わが家の3店舗です。

今回は、わが家にお邪魔してお話を伺いました。

お話は、代表取締役社長の志賀晶文さん。

飛沫防止のパーテーション。毎日交換しています!

志賀塗装株式会社 代表取締役社長 志賀晶文さんから
7月からスタートした「除菌清掃サービス 除菌バスター」について伺いました。

感染性の高い新型コロナウイルスをはじめ
インフルエンザ・ノロウイルスなど、様々なウイルスに対して効果を発揮する
ウイルス対策のための特殊塗料「ドクターハドラス」。

消臭効果もあり、ペット臭や生活臭にも効果があるそうです。

施工後、一定期間の持続効果が期待できるとのことで
様々な施設から依頼を受けているそうです。もちろん、一般家庭での除菌・抗菌もできます!
これから冬にかけて、感染症が増えてくる時期です。プロの力でウイルス退治!安心ですね。

そんな志賀塗装株式会社が、除菌清掃サービスにつながるもう1つの取り組みとして
いわき市内の私立幼稚園の通園バスを除菌・抗菌するというボランティアを始めました!!

暑い中、作業開始!

暑い中、作業開始!

きっかけは、志賀社長もお子さんをお持ちのパパ。
連日コロナの報道を目にする子どもたちも、子どもたちなりに不安を感じていて
「バスの中は大丈夫?」そんな声が聞こえてきたそうです。

子どもたちに安心を提供したい!保護者の皆さんの不安を軽減したい!
その思いから始まったのが、このボランティアです。

隅々まで除菌・抗菌!

隅々まで除菌・抗菌!

施工前後に、菌測定器で汚れを測定するんですが数値が大幅に激減しています。

3000以下が理想の数値です!

3000以下が理想の数値です!

その様子は、志賀塗装株式会社の公式YouTubeチャンネルで
これまで行ってきた通園バスの除菌・抗菌の動画が公開されていますので
ぜひご覧になってください!本当に驚きます!

(作業の様子の写真はお借りしました。ありがとうございました!)

入店時は検温&消毒・マスク忘れずに!

入店時は検温・消毒・マスクの着用!

しっかり消毒!忘れずに!

しっかり消毒!忘れずに!

 

 

 

 

 

 

 


志賀塗装株式会社の新型コロナウイルス感染予防対策として
入り口に消毒液・マスク・体温計が設置されていました。

志賀社長ありがとうございました!

リーズナブルにマイホーム!夢のような空間です。

最後に、中古住宅専門店わが家のリフォーム後の展示ルームで
志賀社長と撮影。お忙しい中、ありがとうございました!!

詳しいお問い合わせは、志賀塗装株式会社 フリーダイヤル0210-4116-99
までお問い合わせください。

あいな、調査完了~!!

ーあいな‘s調査ファイル―

 


誇れるいわきをつなぐ「企業・ひと・技」応援ファンド(by番内)

line_144016638284956-1

新型コロナウイルスの影響で、多くの事業所が困難な状況となっています。その中には、長年地域の人に愛され続けたお店でも、閉店を余儀なくされるケースも少なくありません。そこで、いわき市、いわき商工会議所、いわき産学官ネットワーク協会、いわき信用組合が連携し、事業継承や技術継承に取り組む事業者をクラウドファンディング支援という形で応援する「企業・ひと・技」応援ファンドを開設しました。

クラウドファンディング支援という新たな試み

 いわき商工会議所 経営支援グループ グループ長 荒川 純さん

いわき商工会議所 経営支援グループ
         グループ長 荒川 純さん

市内の事業所にも様々な形があるという荒川さん。その中には、地域の方に愛され、なくてはならないお店も少なくありません。時代のニーズをしっかりと見据え、創業100年を超えて今なお事業を継続しているところもある市内の事業所。しかし、商工会議所が約1,500社にアンケートを行ったところ、35%に上る事業所で、後継者がいないなどの理由から、当代で廃業の予定という結果が出たそうです。また、事業継承を行って、今後もお店を続けるという事業所も、今回の新型コロナウイルスの影響による経営難から、今後の見通しに不安を抱えているところも本当に多いということです。長年の伝統や歴史、そしてその技を次の世代へと残していくことが、今回のファンド開設の大きな目的となっています。

今回のクラウドファンディング支援は、従来の融資による支援では、どうしても返済の必要があることから、最低限の資金援助で、大きな成果を期待できるものであるとして、目を付けたそうです。クラウドファンディングサイト「FAAVO磐城国」を活用して、全国の方はもちろん、特に地元の方に、その事業所についてあらためて知ってもらう機会を設けています。その他、返礼品のオリジナリティーの提案やサイトで紹介するストーリー作りなど、クラウドファンディングのノウハウを提供し、より多くの方の目に留まる仕掛けのお手伝いをしています。

佐々木刃物店のクラウドファンディング

佐々木刃物店 四代目 佐々木 崇志さん

佐々木刃物店四代目 佐々木 崇志さん

大正15年から平で刃物店を営む佐々木刃物店。今年で創業94年になります。現在は4代目の佐々木崇志さんが事業を継承し、先代のお父様とともにお店を経営しています。初めに証拠会議所からこの話を伺った時には、クラウドファンディングの内容で事業継承をメインテーマにすることに新鮮さを感じたそうです。というのも、実はこれまで佐々木さんは、クラウドファンディング支援に携わる機会があったそうです。

刃物を取り扱うという職人の仕事に必要な要素である心身の健康。そこを第一に考える佐々木さんの支援内容は新たな機材の購入と工房の改修です。長年使い続けた研ぎの機材を新調し、心身の負担を軽くすることでより良い仕事ができる。そして、地域の方が気軽に来店できる工房にすることで、より地域とともに息の長い商売を続けたいと考えています。

 

line_144022605454797 line_146519817767907

クラウドファンディング支援に携わることもあり、今回自身のお店で行うことになった佐々木さんは、クラウドファンディングは「新しい見せ方」とおっしゃいます。これまで知らなかった方にも、特に若い世代に声をかけていただくことが多くなり、宣伝と誘客、また資金調達を同時に行えるツールとして、その可能性に大いに期待しているということです。

佐々木刃物店クラウドファンディングページ

地域のお店・技を地域で支えていきましょう

この取り組みは、市内の10事業者を選定し、クラウドファンディング支援を行うために開設されました。いわき商工会議所の荒川さんは、この取り組みを行うことによって、これまで地域に愛された地域に必要なものを、地域に残すことができる取り組みとして期待しているそうです。ここいわき市内には、震災・原発事故、水害、コロナ禍の三重苦でも、本当に頑張っている事業者がいて、そんな方の仕事を広く知ってもらいたい、目立たなくても本当にキラリと光る商品やサービス、そして技術を持つ多くの事業者をみんなで支えていくことができると信じている。とおっしゃっています。ぜひ一度、クラウドファンディングサイト「FAAVO磐城国」のページをご覧になってみてください。

FAAVO磐城国「企業・ひと・技」応援ファンド開設(いわき商工会議所)

―番内‘s調査ファイル―

 

★「局長 チーフの 編集後記」★

飛田 局長 ……..『う~ん。お店や、企業は、コロナウイルスはもとより、

          いろいろなことと戦っているのだなぁ。

                これからも、ともに頑張っていきましょう!』

ベティチーフ ……. 『うん、そうだね、戦ってるね、そして戦い方、その方法も

                 いろいろあるのよね!お互い頑張りましょう!』

1600346645429