福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

台風19号および10月25日の 大雨関連情報は、こちらをご覧ください。

テーマブログ

ラジピタリティ EVENING

2020.09.23 by 古川佳治
9月23日(水)秋の夜空をながめたら・・・。

秋は澄み切った夜空・・・。

アツかった夏が過ぎ、夜はあちこちで虫の声の大合唱が響き渡る季節となりました。「コオロギ」「キリギリス」「スズムシ」などの歌声は、まさに「天然のオーケストラ」ですね。

そんな秋の夜長、特に晴れた夜空を見上げてみると、ひときわきれいな星空を眺めることができます!少しひんやりした空気をいっぱい深呼吸して星々を眺めると「宇宙との一体感」みたいなものも生まれるでしょうか?「あぁ、自分も宇宙の一員なんだなぁ・・・」なんて思うと、それは壮大ですね!「今の悩みなんかちっぽけ」に感じるかもしれません。

さて、そんな澄んだ夜空を見上げると、これからの季節は「名月」です。今年の「十五夜」は10月1日(木)。ススキや団子をお供えして「月光浴」も良いでしょう。そして、そのあとは「十三夜」ですが、今年は10月29日(木)です。十五夜を見たら、十三夜も「セット」でお祝いすると良いとされています。どちらか一方の「片見月」は忌むとされているそうですが、真相ははたして・・・まぁこれはお天気にもよりますけどね。

そして今、夜空にはひときわ赤く光る「火星」が輝いています。太陽を中心に、地球のすぐ外側を周る惑星ですが、2年ごとに地球との距離が近づきます。最接近は10月6日。さて、火星には本当に「火星人」がいるのか?あの「赤茶けた砂漠」に人類は住めるのか?いろいろロマンがつきません。

秋の夜空といえば「流星群」も見ごろです。10月8日には「10月りゅう座流星群」、10日には「おうし座南流星群」それから21日には「オリオン座流星群」がやってきます。あなたは流れ星にどんな願いを託しますか?流れ星をどれくらい見たことがありますか?

さらに今の時期は、夕方の空に「木星」「土星」明け方には「金星」が出ています。そのまま見ると点にしか見えませんが、望遠鏡で眺めると、木星の縞模様や数々の衛星、土星なら有名な輪が見えるでしょう。金星は月のような満ち欠けも確認できるでしょう。

そんな、秋の夜空を眺めて感じたことなど、どんな場所で眺めたかなど、メッセージお待ちしております!

 

メッセージは、こちらから☆☆

 

着々と建設中!

夜空とはあまり関係ありませんが、私の故郷である栃木県宇都宮市に「線路」が敷かれ始めた場所があります。敷設中の線路を撮影できるのはまさに貴重です!

実はこれ、再来年度に開業予定の「LRT=次世代型路面電車」の線路です。JR宇都宮駅から延びる路線で、画像は大きな工業団地が林立し、すぐ近くには野球場、サッカースタジアムなどのスポーツ施設もある場所です。これから、プロ野球や地元高校野球、Jリーグ観戦に電車で行ける日が待ち遠しいです。

夜空のもと走る路面電車から漏れる灯りが、とても温かみを感じることを夢見て・・・。

200925 lrt-02200925 lrt-03200925 lrt-04