福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR

アーカイブ

市民レポーターわがまち発信隊

2019.11.03 
10月26日(土) 西川ゆうの楽しい子育て 第30回

幼児の食事で大切な事は?

小さなお子さんを持つお母さん、お父さんにとって、いろいろな悩みってあるかなぁと思います。

1歳から3歳くらいまでの小さなお子さんの食事と言えば…

手づかみで食べてしまう

食事の途中で遊んだり、その場から離れてしまう。

食べ方にムラがあり、好き嫌いが増え、食べる量が少ないなど、、、

小さなお子さんは、スプーンなどを上手に使えませんね。
上手にできず、途中で集中が途切れてしまいます。
そこで、手づかみで食べだしたり、飽きて遊んでしまうのです。

でも、3歳くらいになって来ると、手が汚くなるのを嫌がるようになり
自然に手づかみも減り、汚くなる食卓を 楽しいと感じなくなります。

自分で頑張って食べる事は、
スプーンなどの使い方を学ぶだけじゃなく、主体性が身について行くのです。

もちろん遊んで食べたりして食材をダメにしてしまう時は、
やってはいけない事を目をしっかり見て教え
歩いたりする時は、ちゃんと座って食べるように話します

お子さんと向き合って 一緒に楽しい雰囲気で食事をすると言う普通の事が、
お子さんにとっては宝物になるのですね。

働くお母さんは、
毎日バタバタと食事の準備をした後、洗濯や片付けなどをしたい所ですが、
お子さんの食事のたった20分か30分、お子さんと向き合って、
暖かな楽しい食事の場を作り、お子さんの自立の手助けをしてあげてくださいね!

(by.西川ゆう)