福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

FMいわきでは、ADアルバイトを募集しています。まずは、お電話でお問い合わせください。TEL  0246-25-0763 <9:30-18:00>

最新情報

NEWS

2012.02.19 
復興祈念 第3回いわきサンシャインマラソン 写真レポート

復興祈念 第3回いわきサンシャインマラソンが開催されました

_DSC6096_550.jpg
震災の影響で開催が危ぶまれた「第3回いわきサンシャインマラソン」が2/12(日)に「復興祈念 第3回いわきサンシャインマラソン」として開催され、県内外から多くの方がいわき市を訪れ賑わいました。
強風のなかでの大会となりましたが、選手も応援の市民らも復興の第一歩を実感し、市内の沿道となったコースは大勢の人が駆けつけ、ランナーに声援を送っていました。マラソン男子は2時間27分35秒でタイラー・マッキャンドレス選手(米国)が、女子は2時間54分41秒で佐藤由貴選手(青森県・八戸市BT協会)がともに初優勝を果たしました。

スタート地点・いわき陸上競技場

日本陸連公認フルマラソンの部、スタート地点となっているいわき陸上競技場。会場には大勢の市民らの他、一打の会による太鼓演奏などでランナーへ声援を飛ばした。開会セレモニーでは、ゲストランナーの柏原竜二選手や増田明美さんらもランナーへ完走や復興の思いを込めて激励。大会委員長の渡辺敬夫いわき市長がスターターを務め、午前9時に号砲を鳴り響かせるとゼッケンをつけた約3500人のランナー達は一斉にスタートし、ゴール地点であるアクアマリンパークへと向かった。

_DSC6047_350.jpg

_DSC6772_350.jpg

_DSC6048_350.jpg

大会委員長 渡辺敬夫いわき市長

_DSC6056_350.jpg

ゲストランナーいわき市出身 東洋大学 柏原竜二選手

_DSC6063_350.jpg

3年連続ゲストランナー参加 増田明美さん

_DSC6077_350.jpg

スタートの様子。

_DSC6776_350.jpg

_DSC6097_350.jpg

 

第1折り返しポイント・江名漁港

東日本大震災の津波の影響で傷跡が残る海岸部。第一折り返し地点となっている江名漁港も被災した地域である。地形的に恵まれた船溜まりを形成していたため、昔から小型漁船の基地として活用され、現沿岸・沖合い漁業の基地として重要な役割を果たしていた。しかし、江名地区はおよそ1800世帯のうち50世帯は津波により被災、生活を余儀なくされた方もいた。しかし「支援に感謝したい」「元気を発信したい」という思いから、マラソンをきっかけに一度離れた地元に再び戻り応援に向かった。地区の皆さんによってお囃しや太鼓、そして毎年使用する大漁旗は今回、特別な思いで迎え、ランナーにエールを与えた。

_DSC6796_350.jpg

_DSC6128_350.jpg

_DSC6259_350.jpg

_DSC6198_350.jpg

_DSC6109_350.jpg

_DSC6111_350.jpg

_DSC6115_350.jpg

_DSC6126_350.jpg

_DSC6143_350.jpg

_DSC6157_350.jpg

_DSC6295_350.jpg

_DSC6334_350.jpg

_DSC6335_350.jpg

_DSC6343_350.jpg

_DSC6360_350.jpg

_DSC6369_350.jpg

 

第5給水所ポイント・マリンタワー・三崎公園付近

小名浜港東端の岬、海上46mの台地に広がる三崎公園一角に立つ塔屋マリンタワー。ここでは第5給水所ポイントとして、おにぎりやスポーツドリンクのほか、いわき産のイチゴやトマトなどをランナーに向けて用意した。ピンクのジャンパーを着たボランティアのスタッフは「もう少しだよ」「頑張れ」などと声援を送り、ランナーへ安堵の表情を与えた。

P1000617_350.jpg

P1000620_350.jpg

P1000622_350.jpg

P1000631_350.jpg

P1000632_350.jpg

 

ゴール地点・アクアマリンパーク

ゴール直前で抜けだしたタイラー・マッキャンドレス選手(カウアイマラソン優勝者)が高橋雅一選手(前回大会優勝者)を退け、総合優勝を果たした。タイラー選手は「いわきの人々を勇気づける走りが出来たと思う」と満面の笑みで喜びを語った。
女子総合は、前回大会2位の佐藤由貴選手(青森県)が前回大会優勝の大谷瑠美選手を破ってリベンジした。
大会結果はこちら

ゴール地点では、最後の力を振り絞って走った選手へレイが送られるなど多くの市民や団体が温かい拍手と声援を送った。恒例となっている出場者限定のカニ汁の振る舞いは長蛇の列が並ぶなど人気を集め、選手の冷えた身体を温めた。

ゴール地点・アクアマリンパーク

_DSC6371_350.jpg

フルマラソン ゴールの瞬間

_DSC6378_350.jpg

1位はタイラー・マッキャンドレス選手。

_DSC6381_350.jpg

2位は前回大会優勝の高橋雅一選手

_DSC6388_350.jpg

沿道の皆さんのサポートで走れたと語ったタイラー選手

_DSC6400_350.jpg

悔しい表情を見せた高橋雅一選手

_DSC6403_350.jpg

完走した選手を激励する秋吉久美子さん

_DSC6407_350.jpg

_DSC6411_350.jpg

_DSC6423_350.jpg

女子総合優勝の佐藤由貴選手

_DSC6429_350.jpg

_DSC6438_350.jpg

_DSC6445_350.jpg

_DSC6451_350.jpg

_DSC6462_350.jpg

_DSC6481_350.jpg

受賞式の様子

_DSC6468_350.jpg

溝畑 宏観光庁長官が選手へ激励

_DSC6496_350.jpg