福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

<一部中継局放送障害のお知らせ>川前方面への通信回線の不具合が発生しているため、只今、川前中継局、小白井中継局、志田名中継局の受信エリアの放送が聞こえにくくなっております。現在、原因を調査しております。ご了承ください。

アーカイブ

写真で綴る震災レポート

2012.03.11 
震災から一年 いわき市の沿岸部各地では・・・

豊間中学校生徒によるピアノ合唱

津波によって流されてしまった豊間中学校のピアノ。ピアノはピアノショップ遠藤さんの手によって修復され、昨年の紅白歌合戦でも素晴らしい音色を全国に届けてくれました。
そして1年が経ったこの日、間借りしている藤間中学校の体育館にて、修復後初めて豊間中学校生徒さんによるピアノの伴奏で合唱した。

– 藤間中学校 –

_DSC7252_350.jpg

_DSC8401_350.jpg

 

豊間地区の追悼式

津波が襲い甚大な被害となった豊間地区。多くの人々が、海に向かって献花を行なっていた。

– 豊間地区 –

_DSC7379_350.jpg

豊間地区の追悼式。

_DSC7411_350.jpg

_DSC7421_350.jpg

_DSC7440_350.jpg

_DSC8587_350.jpg

地震が発生した午後2時46分に合わせて黙祷を捧げた。

 

薄磯海岸で住民らが参列

薄磯地区内では市内で最も多い116人が死亡し、9人が行方不明となっている。真言宗智山派などによる読経が続く中、遺族、地区住民らが焼香し、故人に思いを寄せた。

– 薄磯地区 –

_DSC7319_350.jpg

_DSC7327_350.jpg

_DSC8576_350.jpg

 

久之浜 追悼の祈りと復興へ

久之浜の海岸沿いにある住宅地では多くの献花が置かれていた。特設会場の献花台では訪れた人に花束が手渡され、震災で亡くなられた方々への追悼の祈りと復興への誓いを胸に手を合わせていた。

– 久之浜地区 –

_DSC7448_350.jpg

_DSC7449_350.jpg

_DSC8618_350.jpg

_DSC8619_350.jpg

 

いわき追悼の祈りと復興の誓い

東日本大震災から1年の節目を迎えるに当たり、いわきアリオスで犠牲になられた方々を追悼した。また、世代を超えて震災の記憶を伝えつつ、復興に向かって力強く歩む決意を内外に発信した。
式典では、国主催の追悼式の中継やいわき市長の式辞、追悼の辞の他、ご遺族による献花、映像で振返る「東日本大震災から1年 いわき市の記録」などのプログラムのもと追悼の祈りと復興の誓いを宣言した。

– いわきアリオス –

P1000712_350.jpg

渡辺敬夫いわき市長による式辞。

P1000730_350.jpg

P1000745_350.jpg

P1000788_350.jpg

豊間中学校箏曲部による演奏。

P1000795_350.jpg

久之浜第一小学校児童による合唱。

P1000791_350.jpg

豊間中学校の被災したピアノを藤間中学校から移動してきて演奏した。

P1000817_350.jpg

植田中学校吹奏楽による演奏。

P1000820_350.jpg

小名浜高校フラガールズによるダンス。

P1000832_350.jpg

新成人による復興への誓い。

 

豊間キャンドルナイト 鎮魂に願いを込め

脚本家倉本聰さんが率いる劇団「富良野グループ」がこの日の夜、キャンドルナイトを主催した。富良野塾生卒の一人が豊間地区の出身で、津波で両親と祖母を亡くしたことから、倉本さんが追悼の思いを込めて企画した。ろうそくは約1万個灯し、豊間の復興と犠牲者の冥福を祈った。

– 豊間地区海岸沿い –

P1000431_350.jpg

脚本家の倉本聰さん。

P1000437_350.jpg

_DSC8639_350.jpg

_DSC8659_350.jpg

_DSC8670_350.jpg

_DSC8678_350.jpg

_DSC8687_350.jpg