福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

FMいわきでは、ADアルバイトを募集しています。まずは、お電話でお問い合わせください。TEL  0246-25-0763 <9:30-18:00>

番組情報

音楽会の夕べ

2013.10.24 by 永井貴子
JOCシティコンサート in いわき2013

DSC_0361_350m.jpg

今夜は、9月16日(月)に、いわきアリオス大ホールで行われました
『JOCシティコンサート in いわき2013』のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、
小学5年生の小田大智くん、津田媛香さん、鈴木晴凪さん、
中学2年生の草野圭祐くん、高校2年生の柳沼桃花さん、
キクヤ楽器店ヤマハ音楽教室システム講師の小山田祥子さん、
そして、キクヤ楽器店代表取締役の佐々木英二さん でした。

「JOC=ジュニアオリジナルコンサート」は、
世界各国のヤマハ音楽教室で学ぶ15歳以下の子どもたちが、
心に感じたことを曲にし、自ら演奏するコンサート。
様々な形で展開しているコンサート活動のうち、
地域の音楽文化の交流・振興に寄与することを目指して、
2002年からスタートしたのが「JOCシティコンサート」です。

いわきでシティコンサートが開催されるのは初めて。
本来、2011年9月に開催する予定でしたが、震災の影響で延期されていました。
今回のコンサートでは、いわきをはじめ、県内外から18人の子どもたちが参加し、
オリジナル曲14曲と即興演奏を披露しました。

それでは、スタジオに来てくれた子どもたちの曲をご紹介しましょう。

大智くんは、夏休みの旅行で飛行機に乗った時のワクワクした気持ちを
「組曲『旅の記憶』」として曲にしました。
大智くんのピアノとアルトサックス、パーカッションのアンサンブルで演奏しました。

媛香さんは、お兄ちゃんがイギリスから買ってきてくれた「ベア」のぬいぐるみが
歌ったり踊ったりする場面をイメージして、
「Bear’s Musical」を作曲、エレクトーンソロで演奏しました。

圭祐くんの曲は、「移ろいゆく時代(とき)」。
ドロドロした時代の中で、一筋の光、希望が人の心を癒してくれる・・・
そんなことをイメージした曲です。
仲良しの桃花さんとエレクトーンで共演しました。
(15歳以下の子どもたちのコンサート、ということで、
17歳の桃花さんは共演者としてコンサートに参加しました。)

晴凪さんは、ピアノソロと歌の曲「明日は明日の夢を見て」を、150人!の合唱曲に。
仲間の大切さ、素晴らしさを伝えたい、という思いで作詞・作曲しました。

その他、会田桃茄さん(中2)の「遥かな空」(桃茄さんのピアノとチェロ)、
馬上巴菜さん(小2)の「プリンセスのおどり」(巴菜さんのピアノソロ)もご紹介しました。

軽やかな曲、可愛らしい曲、風景が浮かぶような曲、壮大で重厚な曲・・・
ホントに子どもたちが作ったのかしらっ?!・・・なんて言ったら失礼ですが(^^;、
でも本当に素晴らしい曲ばかり!
どの曲もとってもステキでビックリしました!!

また、大智くんと圭祐くんは即興演奏も披露。
二人とも、ハ長調・4拍子の曲を即興で作曲し、
大智くんはピアノで、圭祐くんはエレクトーンで演奏しました。

こちらも、前もって仕込んであったんでしょ?!とお客様に思われてしまったそう(^^;
それほど、二人とも素晴らしい出来だったようです。

佐々木さんは、
「子どもたちの無限の可能性を感じた。
いろいろな習い事があるが、その中でも音楽が子どもたちの可能性を引き出すのだと思う。」
と話してくださいました。

たしかに、子どもたちの作った曲を聞いていると、
子どもたちがそれぞれの感性や創造性を存分に発揮し、
自分の思いを表現していることを感じました。
音楽を通じて広がる子どもたちの可能性。これからも大切にし、見守っていきたいですね(^^)

10月31日の「音楽会の夕べ」は、
9月21日(土)に、いわきアリオス音楽小ホールで行われました
『いわきアリオス ピアノマラソン2013』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00
23:00-24:00(再放送)

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子と黒金久恵が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら