福島県いわき市にあるコミュニティ放送局

SEA WAVE FMいわき

ラジオを聴く
NOW ON
AIR
ヘッドライン

FMいわきでは、ADアルバイトを募集しています。まずは、お電話でお問い合わせください。TEL  0246-25-0763 <9:30-18:00>

番組情報

音楽会の夕べ

2014.12.18 by 永井貴子
第14回音楽の捧げもの演奏会 音を繋ぐ魔法の・・・

DSC_0308_350m.jpg

今夜は、10月24日(金)に、いわきアリオス音楽小ホールで行われました
『第14回音楽の捧げもの演奏会 音を繋ぐ魔法の・・・』
のもようをお送りしました。

スタジオのお客様は、溝井麻佐美さん でした。
(溝井さんに番組にご出演いただくのは久しぶりでしたが、
打ち合わせの時間や曲中を含めて、楽しくお話しさせていただきました(^^))

「音楽の捧げもの演奏会」と言えば、ピアニスト・溝井さんと
各方面で活躍する様々な演奏家とのアンサンブルコンサートとして、
また、溝井さんによる曲の解説やエピソードなどの(毒を含んだ(笑))トークも
毎回楽しみにされている方も多いのではないでしょうか?

14回目の「捧げもの」は、
溝井さんのピアノ、チェンバロと、瀬崎明日香さんのヴァイオリンの共演でした。
この演奏会でヴァイオリンが登場するのは、実は初めてなんです。

溝井さんはヴァイオリンとの共演にあたって、
ショーソンの『詩曲~ポエム』と、
クライスラーの『ジプシーの女』を演奏したいと考えていて、
理想とするヴァイオリンの音を探していたそう。
そんな時に出会ったのが、瀬崎さんでした。

瀬崎さんは、東京藝大を首席で卒業、
国内外の様々なコンクールでの入賞、受賞経験を持ち、
ソロ、室内楽、オーケストラとの共演など、精力的に活動されています。

瀬崎さんについて、溝井さんは
「強さと繊細さ、更には美しさを兼ね備えた大変魅力的なヴァイオリニスト」
と紹介していますが、
番組の中でも、品があって華やかなヴァイオリンの音を感じることができました。

そして、溝井さんのチェンバロとピアノ。
同じ鍵盤楽器でありながら、全く違うこの2つの楽器を
1つのコンサートの中で弾きこなすというのは、
それだけの研鑽と実績を積んできた溝井さんならではのこと。

今回も、耳なじみのある名曲から、私たちがまだ知らない曲まで、
「捧げもの」を通じて、時代や国を超えた素晴らしい音楽を届けてもらった気がします。

ところで、今回の演奏会、『音を繋ぐ魔法の・・・』と、
『・・・』で終わってますよね。
「どんな言葉が続くか、聞いてくださった方が感じたものを入れてほしい。」
と溝井さんは話していらっしゃいました。

さぁ皆さん、どんな言葉が思い浮かんだでしょうか?

12月25日の「音楽会の夕べ」は、
10月26日(日)に、いわき市文化センター大ホールで行われました
『いわき三曲連盟演奏会』の予定です。
どうぞお楽しみに♪

音楽会の夕べ
木曜日 19:00-20:00
23:00-24:00(再放送)

毎週木曜日19時はラジオの前でコンサート!市内の音楽団体をゲストに迎え、コンサートの模様を臨場感たっぷりにお届けします。三度の飯より音楽好きの永井貴子と黒金久恵が贅沢なひとときをナビゲートします。
パーソナリティ
メッセージはこちら